困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

同級生は出世して自分だけみじめ

「同級生はみんな出世して
自分だけみじめで
取り残されたようであせります。

認められる人になる方法は
ありますか?」

という質問に答えます。

今日のポイント

・認められる人になる7ステップ

自分が情けない

例えば同級生が昇進して
えらくなってしまった。

フェイスブックを見ると
みんなから認められている。

うらやましい以上にねたましい。

クソっと思うこともあります。

そんなとき、自分も認められるために
どうしたらよいかお話しします。

ステップ1「理想の人物」

あなたがどんな人に
なりたいのか?

別に出世した同級生のように
なりたいわけではないと思います。

あなたにはあなたの理想があり。

そういった人になりたいと
思う人がいるはずです。

100%一致しなくても大丈夫です。

実際にいる人でも、
歴史上の人物でも、
想像上の人でも構いません。

まずは

・あなたの理想の人物

を紙に書いて明らかにします。

ステップ2「認められる理由」

理想の人物はなぜ認められている
のでしょうか?

例えば
・たくさんの人の人生を変えた
・自分の信念をつらぬいた
・必死に勉強して最後まであきらめなかった

など。

認められた理由を箇条書きで
書き出してみましょう。

ステップ3「認める人になる」

理想の人物が認められたのは

・認められたいと思ったから

ではなく

・大勢に価値を提供したから

ですね。

認められたい人になりたいなら

『相手を認めることができる人』

になる必要があります。

あなたよりも出世してしまったり、
認められたりしている身近な人の
良いところを書き出してみましょう。

書き出したら、その人と会う機会があったら
あなたが良いと思ったところを
相手に直接伝えましょう。

認めるから認められる

伝えたときの
相手の反応を見てください。

あなたが相手を認めることで
あなたも相手から認められるのです。

そして非常に重要な視点があります。

大事なポイントは

・あなたが良いと思った同じ良さが
 あなたの中にもある

ということです。

あなたの中にも同じ良さがあるので
相手の良さに気づくことができたのです。

ぜひその良さをあなた自身も伸ばして
自信につなげていきましょう。

ステップ4「自分を知る」

認められる人になるには
価値を提供することが大事でした。

つまり

・あなたの価値

を自覚し、伸ばす必要があります。

具体的には

・あなたの良さや才能、得意なこと

を知る必要があります。

あなたが向いていることを生かすことで
もっとも効率的、効果的に
価値を提供できるからです。

才能を最大限生かすことができれば
大勢から認められるようになります。

まずはあなた自身の
・得意なこと
・向いていること
・長所

を箇条書きで書き出してください。

必要に応じて
・第三者の意見をきく
・教材で自己発見ワークを行う
・過去の成功事例や興味・関心を見直す

など。

自分が気づいていない自分の良さを
見つけられるように工夫してください。

ステップ5「提供する」

認められるために

・受け取る側から提供する側へ

変わる必要があります。

あなたが得意なことで

『誰か1人に価値を提供する』

ことをしてください。

目の前の1人に提供する

ポイントは”1人”という点です。

最初から大勢に認められようとすると
失敗する可能性が高まります。

自分が提供できる価値と
相手が求める価値が
ズレていることが多いからです。

まずは1人を満足させます。

その過程で、自分の良さを
明確にしていくと同時に、
相手のニーズを理解していきます。

1人に提供できれば
必ず他の人も満足させることができます。

誰か1人に提供し、
あなたの価値を認めてもらってください。

ステップ6「改善する」

1人に提供することができたら。

コミュニケーションを取りながら

・良かったところ
・悪かったところ
・もっと知りたいこと

をきいてください。

やり取りを重ねながら
あなたの向いていることを
より明確にしていってください。

自分の良さを知ることが
自分の武器となり
提供する価値となります。

1人ができたら
次の1人、また1人と
提供する人を増やしていってください。

そしてフィードバックを得て
提供できる価値を高めていってください。

ステップ7「大勢に提供する」

自分のスキルを高めていったら。

ターゲットを決めて
大勢に提供してみてください。

スキルによって
提供できる人数は変わってきます。

例えば家族や少人数であったり、
セミナーやワークショップなど
ある程度の人数であったり。

まずはやってみることが大事です。

最初は失敗したり、
上手くいかなかったりすることも
あるかもしれません。

でも大丈夫です。

・あなたがなぜ価値を提供したいのか?

あなたの信念やビジョンが伝われば
相手は必ずわかってくれます。

相手は

・商品やサービスだけではなく
 あなた自身に価値を感じているから

です。

一生懸命にがんばる人を
バカにする人はいません。

ここまでくればあなたは
多くの人に認められるように
なっているでしょう。

大勢に認められている人は
例外なくコツコツと努力を
積み重ねてきています。

あなたにも必ず提供できる価値があります。

成長こそが、認められることに
つながる唯一の道
だということを
忘れないでください。

まとめ

・認められる人になるには
 相手を認め、自分を認め、
 価値を提供できる人になる

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー