困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

他人の目が気にならない人間関係の極意

はぁ~
どうしたのお兄ちゃん?
今日の夜、飲み会なんだ
いいじゃない、嫌なの?
嫌だよ~。せっかくの休みなのに。プライベートの時間を削って飲み会なんて行きたくない。どうせ相手のグチをきくだけだし
じゃあ行かなきゃいいじゃない
つき合いってのがあるんだよ。同僚や上司との飲み会は仕事みたいなものだよ
バカバカしい。モエ子だったら絶対に行かないわ
つき合いの悪い人にならない?
ならないわ。だって仕事はちゃんとしているもの
お兄ちゃんはいったい何を気にしているの?
うーん。相手からどう思われるかかなあ。嫌われたくないんだ
飲み会に出なかったら嫌われるの?
うーん。そこまで嫌うことはないけど、仲間はずれになる気がして…
どうせ飲み会に出てもぼっちのくせに
がーん
お兄ちゃんは他人の目を気にしすぎ
そうなのかなあ。でも嫌われたくないしなあ
だから嫌われないって。飲み会出ないくらいで嫌うような人はこっちから願い下げだわ
うーん。嫌だけど行くしかないんだよ
そんなお兄ちゃんに朗報よ。もしかしたらまわりの目を気にしすぎる問題、解決するかも
えっ、ほんと?
ちょうどこんな相談がきているわ
「失敗が怖くて上司や同僚の目が気になります。自分の評価が下がるのが嫌なので常に気が抜けません。もっと気楽にできたらと思うのですが」
同じだ
でしょ
さっそくししょーと一緒に解決するわよ。ということでししょーお願い
まわりの目が気になるんじゃな。小僧のトラウマと同じじゃな
そういえばお兄ちゃんがまわりを気にするのはお母さんが原因だったわね
そうなんだ。子供のときから悪魔の呪文のように「悪いことをするな」と言われ続けてきたからね
特に子供のときに親から言われたことは信念の土台を作るからのう。人生を左右してもおかしくないわい
「あなたならできる」と言われて育った子は自信がついて活躍できるそうよ
そうじゃな。小僧のようにプレッシャーを与えられて育ったら、まわりの評価を気にして、失敗を恐れるようになってもおかしくないわい
どうしたらいいのかな?これが解決したらもっと自然体で生きれる気がする
小僧のトラウマは親の影響じゃから、直接親と話すのが1番よいじゃろう
恥ずかしいなあ
でも話さんと根本的には解決せんぞ。じゃがわしが思うに、親の言葉はしつけのつもりじゃったんじゃろ。小僧に正しく育ってほしいという願いがあったと思うぞ
そうかもしれません
「悪いことをするな」という親の心配が、お兄ちゃんの中で「失敗してはいけない」というプレッシャーに変わったのね
ほんとだ。どうして変わったのかな?
おそらく勝手に親の希望を自分の中に作り出したんじゃろうな
どういうことですか?
例えば小僧が職場で他人の目を気にするのはなぜじゃ?
「なぜ」で掘り下げるのね
相手からよく見られたいからです
なぜ相手からよく見られたいんじゃ?
ええと。自分ができる人間だと思いたいからです
なぜ自分ができる人間だと思いたいんじゃ?
自分を認めてほしいからです
そうじゃな。『認められたい』というのは人間の根源的な欲求じゃ
どうすれば相手から認められるんじゃ?
相手の期待以上に仕事をしたらかな
相手は何か期待しておるのか?
そうですね。全員じゃないですが、一緒に仕事をする人はここまでやってくれたらいいというのが何かあると思います
そうかもしれん。でもそれは小僧にはわからんじゃろ?
わからないです
相手の気持ちは相手にしかわからんのじゃ
小僧の場合、相手の気持ちがわからないのに、何となく妄想して「理想の自分」を作り上げておるのじゃ
本当ですね。頼まれたらやらないといけないとか、できるだけ早くとか、絶対に失敗しないとか
それじゃ。絶対に失敗しないというのは相手が求めておるのか?
あっ!それは求めていないと思います。誰だって失敗はしますし
そうじゃろ
大事なのは『相手の気持ちはコントロールできない』ということじゃ。相手の気持ちは相手にしかわからん
勝手に想像してプレッシャーを感じたり、悩んだりしても意味がないということですね
そうじゃ。過度の妄想は毒じゃ
お兄ちゃんのお母さんも同じじゃないかしら
そうじゃな。別に小僧の母親は絶対に失敗するなとは思っとらんじゃろ
その通りですね。親に認められないといけないと思っていましたが、それも妄想のような気がしてきました。親は自分のことを心配してくれているだけで、僕が幸せであればそれでいいはずです。過度な期待はしていないと思います
お兄ちゃんは妄想大好き人間だから。ゲームの中だけにしてよね
はぁ~。相手に認められたいという思いが、いつの間にかに”相手の期待する自分”を勝手に作って、勝手にプレッシャーを感じていたみたいです
大事なことは「真実は何か?」ということじゃ
妄想じゃなくて、ちゃんと真実を見ないといけないのね
相手が何を求めているかは相手にしかわからん。本当のところは直接聞かんとわからんのじゃからな
例えば自分に話しかけてこないから、嫌われていると思ったけど、実際話してみたら相手は恥ずかしかっただけとか、人見知りなだけだったとかよくあるわ
思い込みって怖いね
その通りじゃな。思い込みはたいていの場合間違っておる。真実ではない。そのせいで自分の行動をストップさせてしまうことがよくある
メンタルブロックね
真実をしっかりと見て、間違った思い込みは消して、前向きに進める正しい信念や考えを持つことが大事じゃ
妄想大魔王のお兄ちゃんは特に間違った信念を持ちそうだから要注意ね
人を危険人物みたいに言わないで
もう1つ人間関係で大事なポイントがある
何ですか?
ワクワク
小僧が他人の目を気にするのは認められたいからじゃったな
そうです
さっきも言うたが、人間には「認められたい」という欲求がある
はい
人は認められるためだけに生きておるのじゃ
例えば相手にいい顔をするのも、他人より偉くなりたいのも、お金持ちになりたいのも。すべては認められたいからじゃ
そう言われるとそんな気がします
小学生の男子が女の子をいじめるのは、自分を見て欲しいからね
大人になっても同じなのか…
つまり誰もが認められたいと思って生きているということ。もっと言えば、誰もが自己中で、他人のことなんかどうでもいいってことじゃ
言い切ったわね、ししょー
自分が1番かわいいのじゃ
師匠がかわいいとか言うと
それ以上言うな
確かにお兄ちゃんも自分が認められたいと思うばっかりで、相手を認めようとか考えていない気がする
そうかも…
富の法則を思い出せ。欲しい欲しいと思う人ほど、富は離れていくのじゃ
欲しかったら、まずはそれに見合うだけの価値を提供しないといけなかったわね
そうじゃ
認められたいと思ったら、相手の顔色を気にする前に、相手を認めないといけないのか
自分のことを褒めてくれる人は好きだけど、自慢ばかりする人は殴りたくなるわ
怖いよ
残念ながら誰もが自分をアピールする人ばかりよ
みんな認めてもらいたいし、かまってほしいんだよ
自己肯定感が低いと、自分で自分が認められないから、余計に相手の評価が気になるかもしれんのう
そっか
ちなみに本当は自分に原因があるのじゃが、自分の成長を放棄して、相手を下げることで、自分を認めさせようとする者がよくおる
コンビニで店員を土下座させるようなクズね
ファミレスでもウェイトレスに遅いと文句を言うおじさんや何かとクレームをつけてくる人とかいるよね
相手のグチを言ったり、文句を言ったりするのは、結局のところ誰にも認めてもらえない人じゃ。イライラを八つ当たりしとるのかもしれんのう
そういう人を認めてあげたら、相手から一気に好意を持たれそうですね
そうじゃ。共感してもらえるからのう。じゃが嘘はいかんぞ。ちゃんと本心で認めるのじゃぞ
はい、気をつけます
では結論をお兄ちゃん
ええと。誰もが認められたいと思っているから、まわりの評価を必要以上に気にするより、相手を認めることを第一に考えるべし
そしてまわりと自分を比べたり、勝手に相手が求める理想の自分を作り上げる前に、自分の能力を磨き価値を高めるべし
何、べしって?
いや、何となく
人間関係の極意は『人は認められるためだけに生きている』
認められたいなら、まず相手を認めよということじゃ
勉強になりました
これで必要以上にまわりの評価を気にせずにすむね
そう考えると、飲み会もバカバカしくなってきた
どうして、お兄ちゃん?
だって飲み会を断ったって、僕自身がちゃんと仕事をしていれば評価が下がることはないし
(それモエ子が最初に言ったのに)
それに飲み会に行っても、みんなは「自分が認められたい」と思っていて、僕なんかを認めるほど心に余裕のある人はいないんじゃないかと思う
だから僕がみんなのことを認めてあげればそれでいい気がする
その通りじゃ、小僧
認められる必要はない。相手を認めればいいとわかったら大分気が楽になったよ
認められたいからがんばるのではない。自分が成長して目標を達成したいからがんばるのじゃ
わかりました
少しは自然体になれるといいね、お兄ちゃん
きっとなれる
次回は「お兄ちゃん、全裸でコンビニ!大パニック」
自然体ってそういう意味じゃないから

まとめ

・勝手に妄想して相手が求める自分像を過度に作り上げないこと
 相手の気持ちは相手にしかわからない。真実は何かを考える

・人は認められるためだけに生きている
 認められたかったらまずは相手を認める

・人と比べる前に自分の価値を高めることに専念する

続きはこちら

目次に戻る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。