困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

強くてニュー人生で成功する人と失敗する人の違い

「うおー、めちゃくちゃ簡単!」

強くてニューゲームで始めたら、
あっという間にラスボスまで
倒せました。

同じことが人生でできたら、
簡単に成功できるでしょうか?

今日のポイント

・人生で上手くいく最大の秘訣を知る

強くてニューゲームとは?

RPGでは強くてニューゲーム
というのがあります。

レベルはそのままに
最初から始められるモードです。

現実に例えれば

・今の記憶を持ったまま
 子供時代からやり直せる

という感じですね。

そんなことができたら
やってみたいですか?

強くてニューゲームの良さ

人生であれば
”強くてニュー人生”ですね。

メリットは

・何が起こるかわかっている

という点です。

失敗を避けることができますし、
効率よく物事をこなすことができます。

最強じゃんと思いますよね。

やってみたいこと

まずは「お金持ちになる」

これでしょう。

どんな商品がヒットするか、
どんな株が上がるか。

時代の流れがわかっていますから、
めちゃくちゃ儲かりますね。

後は「学校は行かない」

別に学校に行かなくても
やっていけますしね。

仮に行っても自分の好きなことだけ
やってればいいという感じです。

ところが行き詰まりました。

強くてニュー人生の欠点

最強と思われた
強くてニュー人生ですが

・知っているところまでしかわからない

という欠点があったのです。

自分のレベルまでのことは
できるけど。

そこから先はわかりません。

例えばゲームだと、
レベル70で最初から始めたら。

できるのはレベル70までのことですね。

人生も同じ

29才で子供時代に戻ったら。

29才までに身につけたことしか
できません。

つまり

・29才までは楽勝だけど、
 そこから先はハードモード

になる可能性が高いです。

そこまでが楽だった分、
そっから先は、普通に生活していたより
つらい現実が待っています。

なぜハードモードになるのか?

例えば株を当てて
1億円手に入れました。

でもそれをどう使えばよいかが
わかっているかが問題です。

もしわかっていなかったら。

遊びまくって、生活レベルが上がり、
金銭感覚が狂ってアウトですね。

もしわかっていたら。

慎重に株や不動産などの
資産を増やすことをして。

それなりに安泰な生活が送れます。

失敗することがわからない

「失敗なんてしない」
思うかもしれません。

ですがそれは”失敗したことがない人”の言葉です。

失敗したことがないから、
失敗することがわからないのです。

基本的に人間は、
経験したことしかわかりません。

したがって経験したことのない失敗を
避けることは非常に困難です。

特に簡単に上手くいくと調子に乗っているほど。

でも大丈夫です。

乗り越える秘策があります。

強くてニュー人生を極めるなら

1番重要なポイントがあります。

それは

『目的が何か?』

ということです。

欲望の塊

ゲームならラスボスを倒すという
目的があります。

ところが強くてニュー人生だと

・金持ちになりたい
・遊んで暮らしたい
・異性とラブラブしたい

という欲にまみれた目的を
持ってしまうのではないでしょうか?

私ならそうです(笑)

目的にフォーカスする

大事なことは

・本当にやりたいことにフォーカスすること

です。

もちろん適度に遊んでもいいと思います。

好きな人に告白したり、
趣味やスポーツに打ち込んだり。

できなくて後悔したことには
全力で取り組めばいいですよね。

ただし全力で取り組む目的が
欲で溺れないよう
に気をつけなければ
なりません。

今すぐできること

ここで気づくことがあります。

目的にフォーカスすること。

これは強くてニュー人生であろうが、
やり直しのきかない人生であろうが
まったく同じだということです。

「目的が曖昧なら達成できない」という点は
まったく同じなんですね。

強くてニュー人生だから
ひゃっほーと調子にのっていると。

目的が欲に溺れて、
人生そのものに溺れてしまいます。

今すぐできることは

・明確な目標を持つ

ということです。

具体的なステップ

1.強くてニュー人生になったら
  何がしたいか10個あげる

2.楽をしたいという欲望からきている目的と
  成長したいという自己実現の目的にわける

3.欲望の目的を実現するためには
  自己実現が必要なことを理解する

4.目的を達成するための計画をたてる

5.毎日の生活の中に目的が達成できる
  実践を取り入れる

まとめ

・人生が上手くいくかどうかは目的で決まる

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。