困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

親のトラウマから抜け出す方法

「こんなかわいい写真が出てきたよ」

母がとんでもないことを
言い出しました。

今日のポイント

・親の呪縛から抜け出す方法を知る

写っていたのは?

写真には1人の男の子と1匹の犬。

男の子は小学生の私ですね。

さらに母は残酷な言葉をはきます。

「覚えてる?」

いや、覚えてるに決まってる。

あんな事件があったのだから。

写真の真実

「犬が飼いたい」

妹が言いました。

親は「ちゃんと世話するならいいよ」
と飼ってくれました。

ところが。

妹はまったく約束を守りませんでした。

散歩するのも、エサをやるのも
僕の仕事でした。

そして、僕は中学生になり。

部活が始まり。

犬の世話がほとんど
できなくなりました。

その結果…

誰も世話をしなくなった犬は

くさい小屋の中で
糞尿まみれになって
病気で死にました。

僕は死ぬほど後悔しました。

何てことをしてしまったんだ。

僕が世話をしなかったばっかりに。

大好きだった犬を
死なせてしまったのです。

残酷な言葉

「かわいかったよね。覚えてる?」

母のこの言葉を聞いたとき、
私は驚きで目をカッと
大きく見開きました。

この人は何を言っているんだろう。

信じられませんでした。

あれほど苦しんで死んでいった犬のことを、
「かわいかったよね、覚えてる?」と
私にきいてきたのです。

このときの私の気持ちが
わかりますか?

違う現実

大事なことは

『人間は自分の現実で生きている』

ということです。

同じ家に暮らしている家族ですら
まったく違う現実を生きているのです。

ということは、職場の同僚や友達は、
もっと違う現実を生きている
ということです。

だとしたら

・この人は酷いことばかり言う
・いくら言っても理解してもらえない
・何で気持ちがわかってもらえないのか

ということで悩むのは
バカらしいですね。

当たり前のことだからです。

親の影響から抜け出す方法

例えば親から
・お前には無理だ
・どうせやっても失敗する
・やめといた方がいいんじゃない

と反対されることがあります。

仕事のことだったり、
人間関係だったり、
プライベートや趣味のことだったり。

いろんなことで反対してきます。

「仕事が上手くいくはずがない」
なんて言われたら、へこみますよね。

でもまったく気にする必要は
ありません。

気にしなくてよい

なぜなら、親は親の現実で生きているため、
考え方がまったく異なる
からです。

親がその道のプロフェッショナルであれば、
言われたことを参考にした方が
よいこともあります。

ですが、たいていの場合、
単純に心配して言ったとか、
怒って言ったとか。

感情にまかせて言っているだけ
ことが多いです。

ですので、そこまで気にしなくていい
というのが実際です。

真実かどうか

一生、言われたことにとらわれるほど、
親の言葉は強いものです。

そんなときは言われたことは
真実かどうかを疑ってみてください。

例えば「お前はバカだから無理」と言われたら。

根拠はありません。

なぜならバカだからできないということは
まったくないからです。

世の中でバカと言われても
成功している人は
数えきれないくらいいます。

真実ではないのです。

言われたことが真実でないなら、
そこまで気にする必要はないですね。

自分が信じた道を、
前へ進めばよいわけです。

具体的ステップ

1.親から言われてトラウマに
  なっていることをあげる

2.言われたことが真実かどうかを
  確認する

例)同じような状況でも上手くいっている人が
  世の中にいるから真実ではない

3.真実でないなら気にしなくてよい

まとめ

・「子の心、親知らず」信じた道を行け

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。