困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

「動画を倍速で見る2つの方法」YouTubeダウンロード&MP3変換方法も

「時は金なり」

忙しい毎日だからこそ、
時間を節約しなければなりません。

動画ファイルを倍速で見る2つの方法
YouTube動画を簡単にダウンロード
する方法
を紹介します。

今日のポイント

・動画を倍速で見る方法で時間節約

1.動画を倍速で見る(1つのファイルを見る場合)

12413-1

パソコンで動画ファイルを見る場合。

『GOMプレイヤー』がおすすめです。

理由は
・倍速でも音が綺麗にきこえる
・0.1倍きざみで倍速にできる(0.2~16倍速)
・左右のボタンで巻き戻しが簡単

だからです。

ダウンロードはこちら

巻き戻しが簡単

倍速で見ていると
「ちょっと聞き取れなかった」
ということがよくあります。

そんなときもキーボードの
「←」のボタンで10秒前まで
すぐに戻せます。

使い勝手がよいです。

広告を外す

邪魔な広告やロゴを外す方法です。

1.画面を右クリックし「環境設定」を選択

2.スキンで「クラシック(Lite)」を選択

12413-2

これでロゴが出なくなります。

対応ファイルの関連付けを変更

インストールするとファイルが関連付けされて
何でもGOMプレイヤーで開こうとすることがあります。

そんなときはGOMプレイヤーで
開くファイルを変更できます。

1.画面を右クリックし「環境設定」を選択

2.その他の「関連付け」で
  GOMプレイヤーで開きたい
  ファイル形式以外のチェックを外す

12413-3

普段はWindows付属の「メディアプレイヤー」
再生したいという人はmp4などのチェックを
外しておくとよいです。

2.動画を倍速で見る(複数のファイルを見る場合)

12413-4

セミナー動画など、複数のファイル
連続で見る場合。

『VLCメディアプレイヤー』がおすすめです。

理由は
・連続で再生しても
 倍速設定が変わらないから(0.2~4倍速

です。

例えばGOMプレイヤーだと
1つの動画の再生が終わると
速度が1倍に戻ってしまいます。

VLCメディアプレイヤーなら、
例えば1.7倍で見ていたら

次のファイルをドラッグ&ドロップしても
同じ1.7倍で再生されます。

ダウンロードはこちら

倍速メニューバーを出すには?

12413-5

初期設定だとステータスバー
出ていないことがあります

次の操作で倍速ボタンを
表示できます。

メニューの「ツール」→「表示」
→「ステータスバー」を選択

3.YouTube動画を簡単ダウンロード

12413-10

YouTube動画をダウンロードしたい場合。

『Freemake Video Downloader』がおすすめです。

理由は
・URLを貼り付けるだけで簡単
・複数のファイルを一気にダウンロードできる

からです。

ダウンロードはこちら

YouTube動画のダウンロード方法

1.YouTube動画を右クリックして、
  「動画のURLをコピー」を選択

12413-7

2.Freemake Video Downloaderで
  「URLを貼り付ける」をクリック

3.ダウンロードする形式を選択

12413-6

アドレスをコピーして
貼り付けるだけなので簡単です。

複数の動画のダウンロード

アドレスをいったん
メモ帳などにコピーします。

そして複数のURLを一気に貼り付けると、
いくつもの動画を同時に
ダウンロードすることができます。

4.動画からMP3へ変換する方法

12413-8

ダウンロードしたファイルの
動画形式を変更したいとき。

『Any Video Converter』がおすすめです。

例えばmp4をwmvにしたり、
flvやaviをmp4にしたり。

動画をmp3にして、ミュージックプレイヤーで
再生することもできます。

ダウンロードはこちら

動画形式の変更方法

1.ファイルをツールに
  ドラッグ&ドロップ

2.変更したい形式を選択

アイコンを選ぶだけで
目的のファイルに変換できます。

12413-9

まとめ

・動画を倍速で見ることで時間節約

おすすめソフトは
1.GOMプレイヤー(動画再生)
2.VLCプレイヤー(複数ファイルの動画再生)
3.Freemake Video Downloader(YouTube動画のダウンロード)
4.Any Video Converter(動画をMP3へ変換)

まずは気になったソフトを
ダウンロードして使ってみてください。

便利で手放せなくなると思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー