困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

すぐに仕事や勉強にとりかかれない人へ「即作業を始められる2ステップ」

本当はやらないといけないのに。

ついついスマホを手にとったり、
テレビやインターネットを見たり。

気づいたら寝る時間…

そんなことはありませんか?

今日は「すぐに始めることが
できる方法」
を紹介します。

今日のポイント

・すぐに仕事や勉強に
 とりかかることができる

やり始める極意

12371-1

ポイントは

『何事もやり始めれば続けられる』

ということです。

例えばやりたくない仕事や勉強。

とりかかるまでは
時間がかかります。

でも、いったん始めれば
思ったよりもできる
ということが
よくあります。

1番最初のスタート時が
1番の山だということです。

最初の難関を
うまく乗り越えるには…

1.アラームをセットする

12371-2

まずは始める時間を
明確にすることが大事です。

「この時間になったら必ず始める」と。

例えば
・携帯やスマホのアラームをセット
・好きな人に声をかけてもらう
・時間になったら集中できる場所に行く

など。

始まりがはっきりとわかる環境を
作ることが最初のステップです。

そしてもっとも重要なのは…

2.「0から1」を準備しておく

スタートするときが1番大変です。

したがって最初の一歩を
あらかじめ準備しておくこと

もっとも重要です。

例えば
・勉強や仕事の道具を机に準備しておく
・作業に少し手をつけておく
・1から10までやるとしたら
 最初の1をやっておく

など。

例えばブログの文章を書くなら、
最初の一行を前の日に書いておくなど。

まったくのゼロから始めるのではなく
1から始めるようにしておくことで
とりかかりが楽になります。

具体的なステップ

1.始める時間にアラームをセットする
2.すぐに始められるよう道具を準備する
3.作業の最初のステップだけ前もってやっておく

まとめ

すぐに作業にとりかかるには

1.アラームをセットする
2.「0から1」をあらかじめやっておく

まずは1番大変な最初のステップを
ほんの少しだけやっておきましょう。

「次は続きからやる」とわかれば
すぐにとりかかれるようになります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー