困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

困ったときに相談していい人の5条件

「相談したいけど
誰にきいたらいいんだろう…」

よくわからず間違った人にきいたら。

逆に問題は大きくなり、お金も時間も
失ってしまうかもしれません。

1番しっかり解決してくれる人とは…

今日のポイント

・問題解決してくれる人の基準を知る

1.同じ問題を解決したことがある

12759-1

似たような問題を解決したことが
ある人
が1番の基準となります。

目指す理想や目標を
達成した人でもOKです。

気をつけないといけないのは…

何も知らない素人です。

例えば家族や友達など。

プロでもなんでもない人にきいても、
問題の根本は解決しません。

根拠がないのに
感情的に意見を言うだけです。

怒られることもあります。

同じ経験を乗り越えた人に
相談することがポイントです。

2.5年以上の経験がある

12759-2

5年、10年など、ある程度の
経験がある人
に相談するとよいです。

1~2年など短い期間だと、
本当のところでよくわかっていない
ことがあるからです。

一発屋の芸人みたいなものですね。

もちろん年数が少なくても
しっかりした人はいます。

あくまで選択するときの
基準です。

解決したい問題のみに
限定して取り組んでいる人
ほど
頼りになる存在です。

3.実績がある

12759-3

質の高い実績がある人に
相談することがポイントです。

例えばホームページなどで、
嘘の実績を載せている人も
中にはいますよね。

そういうときは…

・質問のメールを送ってみる
・電話で問い合わせてみる
・無料のレポートや動画を参考にする

など。

何かしら実際に体験してみて、
判断することが大事です。

対応が丁寧かどうか、
返事の内容で確信を得られるか。

まずは問い合わせてみるとよいです。

4.お客様の声が目的を満たしている

12759-4

ホームページや販売サイトがある場合。

お客様の声を確認します。

その声の中に、自分の目的を
叶えた人がいるかどうかを見ます。

ただの感想ではなく、
ちゃんと目的を達成できると
判断できることが大切です。

5.大きな失敗をしたことがある

12759-5

できれば大きな失敗を
経験した人だと安心できます。

なぜなら失敗をした人は
・困難を経験しより親身になれる
・乗り越える強さを持っている
・嘘をつかない

など。

信頼できる可能性が高いからです。

あくまで参考ですので、
実際に一度メールなり電話なりで
印象を確認するとよいです。

まとめ

しっかり問題を解決してくれる人は

1.同じ問題を解決したことがある
2.5年以上の経験がある
3.実績がある
4.お客様の声が目的を満たしている
5.大きな失敗をしたことがある

まずは一度メールや電話で問い合わせ、
信頼できる人か確認しましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。