困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

ハンドルを握ると性格が変わるのではなく…それが本性

「こわいよ、こわいよ」

普段はものしずかな上司の車に
乗せてもらったとき。

急はっしん、急ブレーキ。

クラクション連打。

「めっちゃ運転が荒い!」

普段の性格から想像できない
運転をする人っていませんか?

今日のポイント

・車の運転から相手の本性を知る方法

1.運転は本性をあらわす

13113

ハンドルを握ると性格が
変わる
って言いますよね。

でもそれって本当に性格が
変わるから?

実は元々そういう人だったとは
考えられませんか?

なぜなら車は、普段がまんして
おさえている本性が出やすいからです。

車は看守の制服と同じ!?

13113-4

例えば「スタンフォード監獄実験」では。

普通の人が看守の制服を着ると…

役なのに、まるで本物の看守のように
ふるまったといいます。

囚人役に素手で
トイレ掃除をさせ。

禁止されていた暴力まで…

車も同じかもしれません。

普通の人に地位を与えると
大きくふるまってしまうように。

車も力をふるう道具になります。

普段弱い人でも

13113-5

例えばすごくドレスアップして
目立とうとしている車がありますよね。

エアロパーツで派手にしたり、、
トラックが電飾をつけたり。

車は、見た目をかっこよく見せたり、
パワーを見せつけたりできます。

欲望が自然と出てしまいます。

つまり、車は…

普段かくしている性格が出たり。

我慢しているストレスが解放されたり。

いい車に乗っていれば強い気分になり、
ダサい車に乗っていると恥ずかしい。

本性が出やすいんですね。

2.普段我慢している人ほど乱暴に

13113-2

車の運転が乱暴でも。

決して、普段もジャイアンのように
乱暴者ということはありません。

むしろ逆です。

人間はストレスをためこむと
どこかで発散しなくてはなりません。

仕事のストレス。

家庭のストレス。

人間関係のストレスなど。

普段、愚痴やワガママを言わず、
我慢している人ほど。

車に乗ると、ストレス発散で、
荒っぽくなることがあります。

もしかしたら自分でも気づいていない
かもしれません。

実は、欲求不満な人ほど。

見た目をドレスアップしたり、
音楽を大音量で鳴らしたり。

我がもの顔で運転したり、
スピードを出したりすることが
あるかもしれないですね。

3.不満足な人ほど豹変する

13113-3

普段温厚な人ほど豹変する理由。

それは普段、抑圧された怒りが。

車に乗ると出てしまうから
かもしれません。

普段はしずかな人も。

本当はまわりから認められたいし、
チヤホヤされたい

心のどこかでは思っています。

でも誰からも認められなかったとしたら…

理不尽なことがあっても
我慢していると思います。

だから車に乗ると。

自分のパワーを見せつけようと。

豹変してしまうことがあります。

本性を見破る方法

13113-6

「この人いい人だな~」と思っていた人も、
車の運転があらっぽかったら。

本当は我慢して。

本性をかくし。

まわりにいい顔をしているだけ
なのかもしれませんね。

ハンドルをにぎると性格が変わる人は。

実は、もともと、そういうところが
ある人かもしれません。

付きあったり、結婚したりする前に、
相手の運転の仕方を見ておくと。

本当はどんな人なのか、
ちょっと参考になるかもしれないですね。

まとめ

・車の運転から本性がわかる

普段、我慢して、ストレスを
ためている人ほど。

車の運転があらっぽいことがあります。

本当の性格を知りたかったら、
車の運転を興味深く観察してみてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー