困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『君が輝く最高の君へ』

なぜ儲かる方法を売るの?1人で稼いでればよくない?

なんで儲かる方法を
販売するんでしょう?

そんなに儲かるなら、教えなくても
一人で儲けていればいいですよね?

結局儲からないから
教材として売って儲けてるのでは?

詐欺じゃないかと疑います。

でも実はそこには
「意外な理由」があるのです…

今日のポイント

・儲かる方法を売る理由とは?

基本的な考え方

13141-1

例えばアフィリエイトや転売。

わざわざ方法を教えなくても。

「儲かるなら勝手に儲けてれば
いいじゃん」
と思いますよね。

それは購入者の立場で
考えているからです。

ポイントは

・販売者視点で考えること

立場を変えて考えることで。

今まで見えてこなかったことが
見えてきます。

1.お金のため

13141-2

1番の理由はお金のためです。

儲かる教材を売るのは

・今しか売れないから

です。

情報は魚と同じです。

時間が経つほど鮮度がなくなり
価値がなくなっていきます。

また情報はないしょにしていても
結局いつか大勢に知られることになります。

本屋でも次から次へと
新しい方法が売られていますよね。

だったら「今売らなくて
いつ売るの」
ということです。

中には詐欺まがいのものもあるのが
残念ですが。

情報の性質上「売れるときに売る」
というのが鉄則です。

2.コスト回収のため

13141-3

販売者でないと
わからないかもしれませんが。

1つの方法を作るまでに。

信じられないほどの
お金がかかっています。

100万円稼ぐ方法のために
1000万円以上のお金が
かかっているのは普通です。

「儲かる方法を売って儲けている!」
と思うかもしれませんが。

実はその方法が完成するまでに。

何倍、いえ何十倍ものお金が
かかっているのが現実なのです。

3.資金調達のため

13141-4

同じ方法がいつまでも
使えるわけではありません。

したがって新しい方法も
作っていく必要があります。

そのためには…

お金がたくさんかかります。

方法で儲けるだけでなく、
資金を調達する必要があります。

だから本当は教えたくなくても。

資金を増やすために仕方なく教える
という理由があります。

また会社でやっていれば
従業員に給料を払う必要がありますし。

サポートをするためのお金も必要です。

お金はあるにこしたことはないのです。

4.コミュニケーションのため

13141-5

単純にお客様とつながりたい
というのが理由です。

ひとりでビジネスをするのは。

さみしいものです。

ですので、商品を売ることで。

お客様とコミュニケーションがとれます。

ひとりで儲けても。

お金は手に入っても、
ただそれだけ。

成功者は、お金だけではなく。

楽しさも求めているというわけです。

5.改善のため

13141-6

儲ける方法がもっとよいものになれば。

もっと儲けることができますね。

改善するためには…

お客様の感想をきくのが1番です。

自分一人で考えられることには
限界があります。

ですので、商品を売ることで、
お客様の話を聞き。

視野を広げ。

「もっとこうしてほしい」、
「これがほしい」
という意見をきき。

改善していきます。

よりよい方法を作っていくためです。

6.アイデアを得るため

13141-7

ビジネスは戦場です。

ちょっと気を抜けば
待っているのは死。

ひとりでいつまでも儲けていられるほど
甘い世界ではありません。

したがって、新しい商品やサービスを
つねに考えていく必要があります。

だとしたら…

1番商品のことを知っているのは?

お客様です。

どんなものを求めているのか?

実際に商品を売って。

お客様の話をきくことによって
新しいアイデアを生み出すことができます。

いつまでも同じ方法は
通用しませんから。

儲かる方法を売ることで
儲けたいお客様の話をきいて。

さらなるアイデアを得ていくわけです。

そうやって次の商品や
サービスが生まれます。

7.教育のため

13141-8

「教えるのが好き」
という販売者は多いです。

自分も成功できたから
他の人にも成功してほしい
という気持ちがあります。

成功者は、次の成功者を
求めているのです。

8.きっかけのため

13141-9

消費者視点だと
絶対に出てこない考えかと思います。

「簡単に稼ぐ方法があるよ」
甘い言葉で誘惑しているのには
深い理由があるんです。

それは…

・本当に大事なことを伝えたいから

です。

例えばダイエットなら。

「簡単にやせる方法」
教えたいのではなく。

本当は「しっかりと食事制限や
運動をして健康的にやせること」

を教えたいのです。

でも人間はつらいことには興味がなく。

簡単にやせる方法にしか
目をむけません。

じゃあどうすればいいのか?

子供に苦い薬を飲ませるときに
ジュースに混ぜて飲ませるように。

まずは儲ける方法で興味をひいて。

実践してもらいながら
本当に大事なことを伝えていくんです。

儲ける方法はゴールではなく
スタートなんですね。

興味をもってもらうための
きっかけ
というわけです。

9.成長のため

13141-10

自分が1番成長できるのは
どういうときでしょう?

それは人に教えたときです。

勉強でも、人に教えると
理解が深まることが多いですよね。

ビジネスも同じです。

人に教えることで
理解や経験が深まり。

勢いよく成長できます。

人に教える人は知っているんです。

教えることが1番自分を成長させてくれると。

10.使命のため

13141-11

なぜ儲ける方法が
存在するのでしょうか?

それは販売者がつらい経験を
乗り越え。

一生懸命あみ出したからです。

だから同じようなつらい思いを
している人を。

救いたいという
強い気持ちがあるんですね。

儲ける方法は
儲けるだけが目的ではない。

人を救うことが目的です。

使命なのです。

まとめ

儲ける方法をわざわざ売る理由は

1.お金のため
2.コスト回収のため
3.資金調達のため
4.コミュニケーションのため
5.改善のため
6.アイデアを得るため
7.教育のため
8.きっかけのため
9.成長のため
10.使命のため

消費者ではなく販売者の視点で
物事を見ると。

視野が広がり、いろいろ
見えてくると思いますよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー