困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『君が輝く最高の君へ』

インターネットは本当に必要か?あなたの正しさとは何か?

もしネットが1日でも
つながらなかったら。

ヤバいと感じるほど、
ネットに依存しています。

ただ…

確かにインターネットは便利ですが。

平気で人を叩いたり、炎上したり。

異様な気持ち悪さも感じています…

今日のポイント

・インターネットは本当に必要か?

便利になって失ったもの

13177-1

何かを得るときは
何かを犠牲にしているもので。

インターネットで便利になった反面。

失ったものが
あるのではないでしょうか?

例えば考えること。

美味しいものが食べたければ検索。

わからないことがあれば検索。

ドラマや映画の感想が知りたければ検索。

考える前に検索することがほとんどです。

じっくり考えたり、まずは実際に
体験したりすることが減りました。

模範解答を探す日々

13177-2

「検索、検索~」の日々は。

まるでネットに答えが
あるかのように感じます。

だけど…

ちょっと店員が失敗すれば店は炎上し。

浮気をすれば叩かれ。

何気なくつぶやいた言葉で
集団リンチにあいます。

そんなネットに、本当に
求めているものがあるのでしょうか?

答えなどない

13177-3

そもそも70億人の人がいれば
70億通りの考えがあって。

模範解答などあるわけがありません。

ニュース性があるほど
世の中では正しいというからです。

正しさは正義ではありません。

なぜならネット上の正しさは
誰かの1つの意見にすぎないからです。

あなたの正しさとは何か?

13177-4

平気で叩いたり。

人生を終わらせるようにいじめたり。

「それは本当に”あなたが”
正しいと思っていることなんですか?」

と私はたずねたいです。

自分より下にみる存在を探して
安心しているだけなんじゃないか?

それはいじめと何が違うのか?

もっと何が正しいのか。

しっかりと考えた方が
いいんじゃないかと思います。

時間をかけない恐ろしさ

13177-5

便利ということは。

時間がかからないということ
かもしれません。

でもそれは逆に。

時間をかけていない
ということかもしれません。

例えば一言一言の発言に
時間をかけて考えないから、
責任感がありません。

例えば面白い漫画はレビューの★の
数を見ればわかるから、
じっくりと探そうとしません。

誰の人生を生きているのか?

13177-6

自分の生き方すらも。

ネットの中に答えを
探そうとするかもしれません。

そして、メディアの影響を受け。

自分で考えた生き方ではなく。

誰かの人生を生きることに
なるのかもしれません。

そして…

「昔はよかった」と
なげくのかもしれません。

まとめ

13177-7

ネットは決して自由ではありません。

誰かの正しさに束縛された
不自由さの中にあって。

自分で考えることをしなくなりました。

コンピューターが進化するほど、
人は退化していくのかもしれません。

まずはインターネットに
依存しすぎないように。

便利さで失った良さを
考えていってはどうでしょうか?

具体的にはネットで検索する前に。

時間をかけて考え。

「あなたの正しさ」をしっかりと
持つようにしてはどうでしょうか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー