困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『君が輝く最高の君へ』

簡単に信用を高める質問への答え方

「この人は信頼できるな」

という人と

「この人はちょっと…」

という人がいますよね。

今日は簡単に信頼度を上げる方法です。

今日のポイント

・信用される質問の答え方とは?

1.ダメな答え方とは?

13211-1

よくない答え方は

・質問に答えないこと

です。

「えっ、それってどういうこと?」
と思いますよね。

でもよくありがちなんです。

例えば…

2.具体例

13211-2

悪い例は…

相手「このラーメン屋行ったことある?」

自分「あんまり美味しくないよ。
   それより俺はパスタ食いたいなぁ」

普通の会話ですよね?

でも相手は行ったことが
あるかどうかをきいているんですよね。

感想をきいているわけじゃないです(笑)

もしかしたら理由があって
行き方を調べているだけかもしれません。

まずは「行ったことあるよ」
聞かれたことを答えたいですね。

言い訳はしなくてよい

他にも、例えば。

上司「会議の資料、いつまでにできる?」

自分「えっと、忙しくて時間がなくて。
   まだなんですけど…」

責められていると勘違いして、
言い訳ばかりする人が続出しています。

”いつまでにできる?”
きいているのですから。

「今日の3時にはできます」というように、
時間を答えればいいですよね。

どんなことでもそうなんですが。

聞かれたこと以外を
答えていることが非常に多いんですね。

「そういうこと聞いてるんじゃないんだよ~」
と思われても仕方がないです。

ですので、大事なのは…

3.よい答え方とは?

13211-3

ポイントは

・まず第一に、聞かれたことに答えること

です。

当たり前なんですが、
意外とできてないです。

聞かれたこと以外は
後からいくらでも言えます。

まずは簡潔に答えを返すといいですね。

きちんと答えを返そう

質問だけじゃなく、
メールやブログも同じです。

聞かれたこと以外を
答えてしまうことはよくあります。

気づいていないだけで
本当によくあります。

相手に「こいつ要領を得ないな~」とか、
「話なげーんだよ」と思われる前に。

直すといいです。

そういう自分が
1番話が長いかもしれません。

反省…

まとめ

信頼される答え方は

・まず最初に、聞かれたことに
 シンプルに答えること

言いたいことは
たくさんあると思います。

でも我慢。

ごちゃごちゃ言う前に。

聞かれたことに対して
答えるようにするとよいです。

信用され、頼りにされます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー