困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

お金をもらったらなんか悪いなぁと思ったことはありませんか?

それが、お金を稼げなくしている原因の一つです。

 

日本人は義理と人情の文化を持った人種と言われます。

それはとてもいいことなのですが、ビジネスになると足をひっぱります。

 

例えば、日常生活においても、

何か物をもらったらお返しをしますよね。

 

いらないといっても、高価なものを返されたりします。

 

そうなると、何かもらったら

返さないといけないという心理になります。

 

もらったり返したりもらったり返したり、きりがありません。

本当に気をつかいますよね。

 

 

ビジネスでも、親密になればなるほど、

お客さんに対して気をつかったりします。

 

よく物を買ってくれたり、サービスを利用してくれるお客さんを、

裏切るようなことはできません。

 

日本人は、平気で

「いつも利用してくれてるから、今回はタダでいいよ」とか言いますが、

それはビジネスとして間違っています。

 

義理と人情もいいのですが、何かサービスを提供している以上、

お金をもらうことは当たり前です。

 

ここがポイントです。

 

お客さんのために何かを提供したのであれば、

お金をもらって当たり前なのです。

 

ところが、日本人は、お金をもらうという行為に対して、

罪悪感があるんです。

 

お金=悪いこと

みたいなイメージがあるんですね。

 

だから、本来有料のものでも、

タダでいいよなどと血迷ったことを言ってしまうのです。

 

スーパーで野菜を買ったらお金を払いますよね。

タダでいいとはなりません。

 

すべてにおいて同じです。

 

 

有形、無形に関わらず、何かをしてあげたらお金をもらって当然です。

 

そこの価値観を変えないと、お金をもらってはいけないというイメージが

潜在意識に刷り込まれていて、お金が稼げません。

 

お金をもらったら素直にありがとうでいいんです。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。