困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

宇宙兄弟から学ぶネットビジネス「閉鎖空間の恐怖」

 

日曜の朝は、『宇宙兄弟』から始まります。

ちびまる子ちゃんやサザエさんと違って、日曜の朝はまだ元気ですよね(笑)

 

最近の内容は、宇宙飛行士選抜試験の三次試験で、

閉鎖空間で2週間過ごすという試験をしています。

宇宙兄弟 三次試験

 

◆宇宙兄弟から学ぶネットビジネス

 

『閉鎖空間』

 

外との交流を絶った状況で過ごす。

「宇宙ステーション」などで過ごすことを想定。

 

実際に、宇宙に滞在することを想定し、

独立した空間に数名が生活をともにする実験は世界で繰り返し行われています。

計520日間の火星長期閉鎖実験マーズ500

 

アニメの中でもそうですが、

このような閉鎖空間で生活していると、必ず問題が起こります。

 

「時計が壊された」

今回は、壁にかけてあった時計が夜の間に壊されました。

 

宇宙兄弟 時計が壊された

 

昼も夜もわからない閉鎖空間では、

時計がないと時間がわからなくなるのでかなり致命的。

 

そこで、一緒に生活している5人の中で

誰がやったかというのが問題になります。

 

宇宙兄弟 時計は誰が壊した

 

「お前がやったんだろ」と疑いだすわけです。

 

●想像できない

 

私からするとやっぱり想像できないんですよね。

閉鎖空間って、そこまで人を疑うようになるのかと。

 

私は基本的に争いを好まないので、

誰かをせめるということはないですし、問題が起こっても前向きに対処します。

 

だから、「誰かを疑うなんてありえない」と思うんですが、

それは想像でしかすぎません。

 

やる気があって、「絶対に大丈夫です」と意気込んだ仕事も、

あまりのつらさにやめてしまったこともあります。

 

だから、現実は本当に過酷で

想像できないほどつらいのだろうということ。

 

おそらく、同じ状態になったら、まともな精神状態ではいられないでしょう。

 

自分が犯人じゃないかと疑われたら、大きな声でまわりにののしったり、

発狂してしまうかもしれません。

映画 シャイニング 発狂

 

●閉鎖空間で問題となること

 

外界から遮断された世界では次のことが問題になります。

 

・酸素不足

・二酸化炭素不足

・食糧不足

・精神的不安定

 

どんなに訓練された人でも、情緒は不安定になるといいます。

複数人で生活すると、問題が起こると、対立関係が起きます。

 

さらに、そこに食糧の問題が加わると、

「生きるか死ぬか」ですから問題は一気に悪化します。

 

●ネットビジネスを行う精神状態

 

ネットビジネスを始める人の多くは、

言葉は悪いですが、精神状態はよくありません。

 

何かしら問題を抱えています。

 

外界を拒絶している人も多いです。

 

 

すると、「閉鎖空間と同じ状況」が生まれてきます。

 

 

 

こうなってくると悪循環で、上手くいかないと、

「なんで私がこんなことに」と誰かのせいにし、情緒不安定になります。

 

●植物が育たたない理由

 

閉鎖空間では植物を育てるのも難しいといいます。

 

なぜかわかりますか?

 

 

植物は生態系の一部だからです。

 

植物だけで生きていくことはできません。

 

 

さらに面白いのは、

木を植えても枯れてしまうというのです。

枯れた木

 

 

それは、閉鎖空間では「あるもの」がなかったから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『風』です。

 

 

 

 

 

 

木は風にふかれることによって、

自らを支えようと強く根をはり、幹を太くします。

風がなければ、自ら立とうとしないのです。

 

●閉鎖空間をぶち壊せ

 

ネットビジネスで精神を強く保つには、

「ネットビジネスに逃げない」ということが大事です。

 

私が見てきた挫折する人の多くは、

「今の仕事が嫌だから」

ネットビジネスをやりたいという人です。

 

ネットビジネスは「逃げ場所」ではありません。

 

外界から「嫌なもの」を遮断するために

始めるビジネスではないのです。

 

 

なぜなら、ネットビジネスで1番大事なのはコミュニケーションだから。

それは、直接、人と会うことなく、メールやスカイプかもしれません。

 

でも、コミュニケーションが大事なのは事実です。

 

そんなことを考えずに、自分から「閉鎖空間」へと入っていき、

精神的に苦痛となり、自滅してしまう人が後を絶ちません。

 

 

そうならないためには、

できるだけ普段と同じ生活を続けることです。

 

今までと同じように外へだかけ、人とコミュニケーションを取る。

ネットビジネスをインターネットだけのビジネスと思わないことです。

 

上手くいかないのは、ノウハウやテクニックだけの問題ではありません。

 

 

 

根本に『閉鎖空間』の問題が生じているのです。

キューブ 閉鎖空間

 

これを打破する必要があります。

閉鎖空間の壁をぶち壊してください。

 

 

リアルビジネスではどうやっているのか。

自分がリアルでやっている仕事でネットビジネスで生かせる部分はないのか。

 

「いっらしゃいませ~!」

 

スーパーでめちゃくちゃ商品を売るのがうまい試食販売のおばちゃんがいます。

そういうのだって参考になります。

 

ネットビジネスを閉鎖空間だと思わないでください。

もともと壁なんかないのです。

 

それは勝手に自分で作ってしまった壁です。

 

 

上手くいかないのを方法のせいにしたり、

他人をうらやましがったり、自分の状況をさげすんだりするのではなく、

もっと広い視野で自分の存在を見てください。

 

 

ネットビジネスなんて、

広い世界のほんのちっぽけな存在でしかないのです。

 

 

自分の心を閉じ込めると、

まったくまわりが見えなくなります。

 

 

 

『あなたは閉鎖空間で植えられた木ではありません』

 

 

今、現実に、広い世界で自分の足でしっかり立っている木です。

風の中に立つ1本の木

 

現実が嫌だからと、

風のふかない場所へ逃げるのはやめてください。

 

 

すぐに足元が悪くなって倒れます。

 

 

生きるのが楽だろうと思った場所は、

実際は自分の立場をよりいっそう悪くする場所かもしれないのです。

 

 

成長とは、

自らに適度な「負荷」をかけたときにだけ起こります。

 

楽をして成長することはありません。

 

 

外界を遮断せずに、「風」の中を自らの足で進むことで、

世界が開けることもあります。

 

逆境の中を立ち向かっていくからこそ、

より大きな結果を出すことができるのです。

 

視野を広く持つようにしましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。