困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

本当の理想を知る方法

本当の理想を見つけるヒントをお話しします。

 

私たちは、まわりの環境や人に影響されやすいので、

願望と本当に求めていることをごっちゃにして、本当の自分を見失いがちです。

 

例えば、他人が持っているものが自分もほしくなったり、

家族のためだからと我慢してはたらいたりすることがあります。

 

また、仕事上の立場として、

まわりから求められている人間を演じてしまうということもよくあります。

 

したがって、自分が本当にやるべきこと(使命)と、

自分が実現したいと思っていること(願望)にはズレが生じます。

 

願望はあくまで欲ですから、そればかりを求めていても、

潜在意識の自分と、表面上の自分が違っては、何をやっても上手くいかないのは当然です。

 

間違った地図をわたされているわけですから、

道に迷ってしまい、本来の目的地にたどりつくには、大きく遠回りしてしまうことになります。

 

今日は、自分の本当の理想を探っていく一つの方法をお伝えします。

 

「なぜ?」と自分に問いかけよう

 

自分が実現したい理想があったとしたら、

「それをなぜ実現したいのか」を何度も問いかけていきます。

 

多くの場合、「お金がほしい」とか「自由になりたい」というのは、

本当に求めているものとは違うことが多いです。

 

お金はあくまで手段であって、目的ではないからです。

 

問いかけを続けて、最後に残ったものが、

純粋に自分が求めている理想に近いものです。

 

例)

お金がほしい。

 

なぜ?

 

生活するため。結婚して子供がほしい。

 

なぜ?

 

親を喜ばせたい。

 

なぜ?

 

自分自身も家庭を持ちたい。

 

なぜ?

 

家族仲良く生活したいから。

 

なぜ?

 

自分が成長するとともに、

家族も一緒に成長していきたいから。

 

なぜ?

 

 

というように、どんどん自分に問いかけていきます。

 

途中で分岐することもあるでしょうし、

答えにくくなって、本当の自分がわからないことも出てくると思います。

 

ですが、やってみるとわかるように、

上記の例でいえば、お金がほしいというのは願望で、

実際は家族を大切にしたいという目的があります。

 

つまり、お金はあくまで手段であって、目的ではないということです。

 

そうなってくると、目的を達成するには、別にお金じゃなくてもいいということになります。

 

特に、お金がなければ何も解決できないと思っている

ことが多いので、本当は何を実現したいのかを考えてみることは大切です。

 

もちろん、手段としてお金が必要なことはそれでいいのですが、

目的を達成する手段はお金だけではないので、

いろいろな角度から、本来の理想を見つめた方が、

理想の実現するためには有効です。

 

本当の自分に気づき正しい方向へ

 

このように問いかけるというのは、

「自分を知る」ということです。

 

多くの場合、求めているものというのは、

本当の自分ではなく、作られた自分です。

 

ここで明らかになった自分も、

あくまで今わかっている範囲での話ですので、

実際は、実践を通さないと本当のところはわかりません。

 

それには、メール塾の1st STAGE、2nd STAGEで伝えていることも大切ですし、

最強のマインドセットで、”日常生活”から人生の目的に気づいていく必要があります。

 

 

大事なことは、今の自分の理想というのは、

本当に心の底から求めている理想とはズレている可能性があるので、

「本当の自分」を知る努力をする必要があるということです。

 

そして、進むべき方向がわかるということは、

目的地までの正しい地図を手に入れたということなので、

何をするにしても、遠回りすることなく、最短で成長でき、結果が出せます。

 

「本当の自分」を追求し、

本当の理想は何なのか、一度考えてみてください。

 

あなたの成功を心から応援しています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。