困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

10年続けてきた3つのことをやめる

新しいことを始めたいと思っているかもしれません。

その前にやらないといけないことがあることに気づきました。


きっかけは、iPhoneが壊れたことです。

カメラで写真を撮ったら、ヒューズがとんだみたいに、
「パヒュン」と音がして電源が切れました。

そして、電源を入れても、リンゴのマークが出るだけ。


でも、「これはいいきっかけだ」と思ったんです。


自分を変えたいと思っていても、行動しないから、
何も変わらないまま1年が過ぎました。

だから、これをきっかけに
『10年続けてきた3つのこと』をやめようと決意したのです。


自分を変えるためにやめた3つのこと

1.携帯をやめる

iPhoneもやめます。

携帯のアドレス帳も、家族と大事な人以外全部消しました。

まったく連絡を取っていない人だらけで、
本当に必要な連絡先は、ほんの数件だと気づきました。


契約はホワイトプランのみ。
パケットし放題も解約。

携帯はいろんなことで時間がとられるので、
使わない生活へと移行しました。


2.インターネットをやめる

固定回線は解約。
インターネットはWiMAXのみ。

パソコンも必要以上に使わない。


これから段階的にパソコンやインターネットのない生活にシフトしていきます。

第一段階として、ネットが使えない環境へ旅行に行きます。

(世界一周旅行に行くと言ったら、
母親にまずは一緒に行く相手を探せと言われました…。
そこで出会いがあると反論したら、
一人で行く人などいないと言われました。
確かに。)


3.メールをやめる

メールチェックもしない。
返信もしない。


私は10年間、かなりの頻度でメールをチェックし、
すぐに返すということを心がけてきました。

それをやめました。


新しいことを始める前に

自分を変えるには、考え方を変え、
行動を変えなければなりません。

だけど、それはすごく難しいと思うのです。

なぜなら、大抵、思っているだけで、
計画を立てることもなければ、実行に移すこともないからです。


だったら、新しく始めるのではなく、
長く続けていることの中で、
意味のないものをやめるという選択肢もあると思うのです。

10年続けていることでも、
自分にとって価値をなさないものもあります。

”当たり前のこと”の中に、
当たり前じゃいけないことが隠れているのです。


長く続けていることだからといって、
自分に不必要なことや、マイナスのこと、
何ももたらしていないものは意外とあります。

だったら、まずはそれをやめる。

そして、その代わりにもっといいことを始める。


私は10年続けてきたことでも、
自分にとってプラスにならないものはやめました。


新しいことを始めるのもいいと思います。


だけど、その前に、

『続けているけど意味のないことをやめる』ことも、

1つの大事な視点ではないかと思うのです。

その結果、新しいことを始める時間も
できると思います。


無駄な価値観を捨て、意味のある価値観に置き換えます。


あなたには、ずっと続けているけど、
プラスになっていない習慣はありませんか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。