困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

未来がよくなる3つの時間の使い方

「雨よ晴れろ」

「雨よ晴れろ」

「雨よ晴れろ」

私の目の前に奇妙な集団が現れた。


みな一斉に、降っている雨をやませようとしている。

 

そんなことができるはずもないのだが、
どうやらみんな”できる”と信じ込んでいるようだ。

私はその奇妙な光景を
ただただ見ていることしかできなかった。

今日の服装は85点

「赤じゃなくて、もうちょっと
落ちついた色がいいと思うんだけどなぁ」

私の父は、NHKのお天気おねえさんの服装を
毎日チェックしています。


「お前はドン小西か」

お母さんもドン引きです。

いや、毎日のことなので、
あきれて何も言わないのですが。

人には3つの時間の使い方がある

 1.過去

 2.未来

 3.現在

あなたはどこに多くの時間を使っていますか?


この時間の使い方が、
人生をよりよくしていくために非常に重要です。

もし、過去や未来にたくさん時間を使っているとしたら、
改善のチャンスかもしれません。

 

実は、この3つの時間の使い方は、
明らかに違いがあります。

それは、”自分でコントロールできるかどうか”です。

 

例えば、

「あのとき何であんなことをしたんだろう」とか、

「あーしておけばよかったのに」と、

終わってしまったことをいつまでも悔んだり、
思い出して落ち込んだりすることは
時間がもったいないです。


また、

「もしかしたら失敗するかもしれない」

「もしこうなったらどうしよう」など、

まだ起こってもいないことに対し、
不安を抱くことも、やはり時間がもったいないです。

 

このように、過去や未来に、
時間を無駄遣いをしてしまうことは、
人として当然あります。


大事なことは、

過去や未来は”コントロールできない”ということです。

 

それは天気と同じで、

降っている雨をやませることができないように、

起こってしまった過去をなかったことにしたり、
起こってもない未来を、
今すぐどうにかしたりはできないのです。


それにも関わらず、

多くの人は、過去や未来にたくさんの時間を使い、
降っている雨をやませようとしています。

 

私たちが唯一自分の力で100%コントロールできるのは、

”今”だけです。


今だけ、完全にコントロールできます。


したがって、もっとも大事なのは今であって、
重視して時間を使った方がいいのも今です。

なぜなら、今この瞬間行動するから、
未来が変わるからです。

 

もちろん、過去を振り返って失敗の原因をさぐったり、
未来に対する目標を立てたりするのは
大事なことです。

それは、そのことが、
今の行動につながるからです。

 

お天気おねえさんは何のために
いるのでしょうか?

雨をやませるためではないはずです。

もちろん、ファッションチェックのためでも
ありません(笑)

 

過去や未来に

”無駄に”時間を使わないようにし、

今、目の前で起こっていることに
しっかりと集中すること
で、

未来は確実によくなります。


『自分が完全にコントロールできるのは今だけである』

どのように時間を使っていけばよいのかは、
今後お伝えしていきますが、

まずは、自分がどこに多くの時間を使っているか、
意識していくことが大切です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。