困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

不安とは、成長の余地があることを教えてくれているもの

「不安なく暮らしたいんです」

私が受ける相談の中で多くの人がそう言います。


はっきり言ってしまえば、

ある程度経済的に豊かになることはできるのですが、
安定というのは一生訪れることはありません。


「いやいや、お金がたくさんあったら
絶対に安定っしょ」

と思うかもしれませんが、
そんなことはないんです。


このことは、

見たこともないくらいの
大金を手にしなければ
わからないかもしれませんが、

そうなのです。


そのあたりで私が話せることは
たくさんありますので、また今度話したいと思います。

 

1つ言えることは、
絶対的な安定は一生訪れないけれども、
精神的な安定は得ることができるという点です。


言葉を変えれば、

「自信がある」

ということです。


明日、仕事も何もかも失って、
一文無しになっても、
自分の力だけで生きていけるか?

ということです。


これに力強く

「Yes」

と答えることができれば、
自分に実力があるということです。


もしそういった力がなければ、
絶対につけた方がいいです。


その力とは、単純に再就職しましょうとか
そういうものではないです。

ペン1本あれば、それをお金に変えることが
できる力のことを言います。

(具体的には、メール講座で嫌というほど教えていますから
そちらを参考に)


大事なことは、


「安定は一生訪れない」


ということを知っておくこと。


そして、いつ何が起きてもいいように、
何もないところから、

いつでもお金を作りだせる力をつけること。


簡単に言えば、自分を成長させ、
”本当になりたい自分になる”ということ。

不安とは、
そこに成長できる余地があることを意味していて、
それが力につながり、

その力が、自信につながります。


その力がこの先、”安定”に
生きていくために大事です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。