困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

人生の目的はわからなくて当たり前

人生の目的についてです。

今から話すことは、何千年も前から、
伝わってきている大切なことです。

そして、この考え方によって、
私はあらゆるものを自由に手に入れることが
できるようになりました。


人生の目的とは、

「これだ!」というものが、

たった1つあるわけではありません。


後から振り返ったとき、

「あの大変だったとき」にも意味があったこと、

「大切な人と出会えたこと」も偶然じゃないこと、


すべての点と点がつながって、

自分の生きてきた道が線として感じられるのです。

 

したがって、人生の目的は、

探すものではなく、

気づいていくもの。


「人生の目的がわからない」というのは、

今、目の前で起こっていることが、

まだ自分にとってどういう意味があるのか

意味を見いだせていない状態をいいます。


それはごくごく自然なことです。

だから、人生の目的がわからなくても、
何も心配はいりません。


もっとも大事なことは、

私たちは、今、この瞬間も

人生の目的の中にいるということです。


そのことを理解すると、

人生の流れに気づくことができます。

 

目の前に起こっていることに

意味を見い出していくことで、

自分の人生がどんな方向に進んでいるのか、

自分のやるべきことがわかるということです。

 

意味を見い出していくためには、

毎日どんなことが起こっていることが、

注意深く見ていく必要があります。


いいことも、悪いことも、

全部に意味があります。

 

つらいことが起こったとしても、

それは、自分を苦しめるためではなく、

意味があるから起こっているということです。


仮に、嫌なことだからと、避けたりすれば、

自分に意味を気づかせようと、

同じような嫌なことが、何度でも起こってきます。

 

目の前のことが

「自分にとってどんな意味があるのか」

見い出していくことこそが、

人生の目的に気づいていくことです。

 

例えば、今、この仕事を頼まれたのは、
自分のこういった力を伸ばすためとか、

今、この人と出会ったのは、
この仕事をがんばって乗り切ろうとしているからなど。

 

そして、いいことも、悪いことも、

毎回しっかりと見ていると、

流れをつかむことができます。


一度流れをつかむと、私たちの人生は

一気に質が高まり、

満足度の高い人生となるのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。