困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

お金によいイメージを結びつけるとビジネスは上手くいく

お金に対してよいイメージを結びつけると、
ビジネスは上手くいきます。


ビジネスを始める方の中には、
お金を稼ぐことが悪いことだと感じて、
なかなか行動できない方がいます。

今日は、そのメンタルブロックを外します。


私自身も、お金に対し、心の中で、

「こんなにもらっていいのだろうか」

という罪悪感が生まれ、
売上げを止めてしまったという経験があります。


お金を稼ぐことは悪いこと、

成功するのは悪いことと心のどこかで思っていると、

行動できなくなります。


これは無意識化で思っていることもあり、
何となく罪悪感や違和感を感じている場合もあります。


それは、日本という国では、

「お金持ち=悪いことをしてお金を稼いでいる人たち」

という、お金に対するマイナスイメージがあったり、


親や関わった人が、お金で苦労しているのを見ていたり、


お金を稼ぎ、成功すると、みんなからうとまれ、
嫌がらせを受けるのではないか
といった
不安があったりするからです。


このような価値観が無意識化にすりこまれているため、

意識レベルではお金がほしいけれども、

何となく敬遠してしまうということが起こってきます。


これらは、お金に対して
悪いイメージがセットになっているので、

お金に対してよいイメージをセットにすることで、
メンタルブロックを外すことができます。

良心の呵責をなくす

次のように考えてみてはどうでしょうか。


『お金は公共の財産である』


お金とは、自分が一人占めするのではなく、
社会に貢献するためにあると考えるのです。

困っている人を助けるためにお金を使うわけですね。


すると、良心の呵責がなくなり、
お金を稼ぐことに対する罪悪感がなくなります。

価値観の影響をなくす

親や仕事仲間など他者の価値観の影響を
強く受けている場合は、
次の格言を覚えておくとよいです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人はしばしば不合理で、非論理的で、
自己中心的です。

それでも許しなさい。


人にやさしくすると、
人はあなたに何か隠された動機があるはずだ、
と非難するかもしれません。

それでも人にやさしくしなさい。


成功をすると、不実な友と、
本当の敵を得てしまうことでしょう。

それでも成功しなさい。


正直で誠実であれば、
人はあなたをだますかもしれません。

それでも正直に誠実でいなさい。


歳月を費やして作り上げたものが、
一晩で壊されてしまうことになるかもしれません。

それでも作り続けなさい。


心を穏やかにし幸福を見つけると、
妬まれるかもしれません。

それでも幸福でいなさい。


今日善い行いをしても、
次の日には忘れられるでしょう。

それでも善を行いを続けなさい。


持っている一番いいものを分け与えても、
決して十分ではないでしょう。

それでも一番いいものを分け与えなさい。


マザー・テレサ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「成功しなさい」と言われれば、
成功してもいいと思えます。

富を奪うのではなく、富を与えることができる
人間になって、人を助けるということです。


社会に貢献するという考え方がないと、
お客様からお金を預かるのではなく、
奪うという感覚になります。

その雰囲気は、自然とお客様に伝わりますので、
ビジネスは上手くいきません。


お金が逃げ出すような雰囲気を作るのではなく、
お金が自分を通って、よりよい未来を作るのだと。

自分がお金の通り道になるように
考えていく必要があります。

お金を使うことに対する罪悪感をなくす

いただいたお金を遊びに使うのは、
抵抗があるという方がいます。

そのときは、次のように考えるとよいです。

 ・自分の休暇や趣味、生活に用いることで、
  体を休め、健康になることで、
  よりいっそう仕事に励むことができる

 ・勉強に用いることで、より価値のあるサービスや
  商品を提供することができる

こういうことですね。


お客様からいただいたお金を遊びに使うのは
抵抗があるというときは、

そこだけを見ているから抵抗があるのであって、

その後、”より貢献する”という未来まで見据えれば、
その抵抗はなくなります。


このように、メンタルブロックは、
適切な理由づけをすることで外れ、
行動することができるようになります。


そして、もっとも大切なのは、
お金を得たことで何を実現したいのか?

目標と信念をしっかりと持ち、

社会に貢献するということを
第一に考えていくと、ビジネスは上手くいきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。