困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

相手から嫌われた、大失敗した記事の書き方

旅行中なんですが、
部屋の温度調整がおかしくて、
”暑すぎて”3時間しか寝れませんでした。

前回書けなかった
コピーライティングの極意を書こうと思います。

これさえ守れば、アクセスは稼げるし、
商品も売れるっていう”極意”があります。

人生が確実に豊かになる方法とは?

体重を計ったら3キロやせてました。

ここ5年ほど、同じ体重をキープしてたのに、
なぜ?

夜中、暑すぎて汗をかいたからか?

昨日、温泉に2回入ったからか?


いや、間違いなく先々週に
意識を失って死にかけたせいです。

あのとき体力の99%失いましたからね。


そういえば、前回課題として出した
温泉を立て直す方法。

送ってくれた内容でOKです。


このアウトプットは役立ちますよ。

なんてったって、温泉を立て直すことと、
自分の人生を豊かにすることはイコールですからね。

『温泉を立て直す=自分の人生が豊かになる』

思いついたアイデアを、日々の生活で実践すれば、
人に好かれるようになって、
自分のまわりが人であふれるわけですから。

ビジネスに役立つことは言うまでもなく、
生活に役立ててナンボですから。

 

自分で考えるってすごく大事で、
普段の生活でも同じなんです。

私は、これは仕事、これはビジネス、
これはプライベートというようにわけて考えないです。

どんなことでも縦横無尽にくっつけます。


コピーライティングで人生が変わるって
言ったじゃないですか?

セールスレターを書くことだけが
コピーライティングじゃないです。

言葉で伝えることは、
ぜーんぶコピーライティングです。


だから、コピーライティングを学べば、
言葉を使うことに関してすべてのレベルが上がるんです。

言葉を使わないことなんてないでしょ?

この文章だって、頭の中で、言葉として理解して、
言葉として意識化しているはずです。

現実になるのも、現実にするのも、
人間はすべて言葉なんです。

つまり、コピーライティング。

絶対にやってはいけない失敗

例えば、前回、私は大失敗したんですが、
それが次の文章です。

「間違っても、ファッション雑誌で
かっこいいモデルの服装を真似したり、
店員のアドバイスに従ったりしてはいけません。」


相手から好かれるファッションのことを書いていて、
ついついやっちゃったんですね。

何が悪いかわかりますか?

 

 


これは、相手を否定しているんですね。

 ・服装を真似してはいけない

 ・アドバイスに従ってはいけない


完全にアウトです。


もし、服装を真似したり、アドバイスを受けている人がいたら、
「そんなことない!」とムカっときます。

否定されていい思いする人はいないです。


表面的には何も思わなかったとしても、
これを言った私のことは
自分を否定する人として受け入れないんですね。

簡単に言えば、私のことを
嫌いになっちゃうってことです。


私と信頼関係のある人ならいいですが、
そうじゃなければ、私にいい印象はもたないですね。

絶対にやってはいけないのは、
このように相手のことを否定する書き方です。

相手にやる気を出させるコツ

じゃあ、どうやって伝えればいいのかというと、
相手を否定するのではなく、自分のこととして伝えることです。


例えば、

「私は雑誌をよく真似するんですが、
ぜんぜん似合わないんですよね。

店員さんに言われた通りにしても、
やっぱり似合わなくて失敗します。」

というように書くわけです。


雑誌や店員はよくないこともあるというのを、
直接的に相手を批判するのではなく、
間接的に自分事として話すことで、
相手に気づかせるということです。

相手に気づかせるというのがポイントです。


指摘されたことって直そうと思わないですが、
自分で気づいたことは直そうと思いますよね?

それが動機になるわけですから、
言い方一つで、怒らせることもできれば、
やる気を持たせることもできるわけです。

これがコピーライティングの力です。


こんな初歩的で当たり前なことで失敗するなんて、
本当にダメだなぁと思うわけです。

だって、絶対にダメだよって
あれほど口酸っぱく教えてるのに。


あっ!


もう言わなくてもわかると思いますが、
これは日常生活でもまったく同じです。

「これはダメ!」と
相手を否定する言い方ってよくあります。

時と場合にもよりますが、
こういうコピーライティングのスキルを使うことで、

相手に素直に物事を伝え、
行動してもらうことができるわけです。

 

そういえば、コピーライティングの極意の話でしたね。

ちょっと前置きが長くなり過ぎて、
今日は話せないですね。


また次回ということで(笑)


前回の温泉立て直す方法、考えてみてくださいね!

間違いなく、人生の質が高まるので。

 

コピーライティングの続きはこちら

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。