困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『君が輝く最高の君へ』

財布にイオンギフトカードが
1000円分あったから、

「ぴったり1000円分買おうぜゲーム」


1人でバカなことをやっています。


そして、携帯でちまちま計算しながら、
1000円分をカゴに入れた。


そして、ドヤ顔でギフトカードを出して、
レジ打ちが終わるのを待つ。

 

 

「お釣り出ないんですけど、
よろしいでしょうか?」


えっ?

 


表示された金額を見ると、

「857円」


なんでやねん(笑)


「ごめんなさい。
もう1回出直してきます」

と言うと、

「こちらは預かっておきます」と
857円分はキープしてくれた。


なんかスゲー恥ずかしい思いをして、
150円くらいのパスタソースを持ってきた。


そこで問題が勃発した。


さっきのレジがいったいどこだったか
忘れてしまった。

普通なら忘れないと思うのだが、
私は人の顔を覚えられないので、
レジのおばちゃんの顔がまったくわからない。

 

ヤベーよ。

レジ10ヶ所以上あるよ。

 

そして、このおばちゃんだ!と思って、
ニコニコ顔で近づいていったら、

おばちゃんもスゲー笑顔で
こっち見てくれた。

よかった~~。

 

「何かご用でしょうか?」

 

違ったーーー!!!

 

それから、レジのおばちゃん1人1人に
ニコニコ笑いながら近づくという
不審な行為を繰り返す。


そして、やっと見つかった…。

 

「イオンのバカぁん」

具合いが悪い私は、
早く家に帰りたかった。

 

そして、家に帰ってからレシート確認したら。


「ん?」

レジ打ち間違えてる~~~。

 

イオンに行く回数って、
そんなに多くないのだが、

なぜか、結構な頻度で、
無料配布されてしまう。


月に1回くらいしか行けないから、
返しに行きたくても、行けないんだよ。

 

普段、いろいろな人に、
いろいろなものをあげているから、
こんな形で返ってくるのだろうか。

 

ここで、大事なことがある。

『人に与えたものの10分の1が自分に返ってくる』

もし、得られるものが少ないと思ったら、
自分がほしいものの10倍を
人に与えているか見直すとよい。

何かを得るには、それに応じた代償が必要。

得るものが少ないと思うときは、
十分人に与えられていないということが
よくあるのである。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー