困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『君が輝く最高の君へ』

常識を疑った仮説を立てて成長しよう

ランディングページってあるじゃないですか?

無料オファーとか。

物販ではなく、プロダクトローンチの
ランディングページについてです。


私自身は、最近、まったく興味なくなりました。

結局売り込まれるし、内容もつまらないんですよね。


同じように感じている人は
多いと思うんですよ。


だとしたら、ここは、常識を疑わなければ
ならないときなのかなと。

ランディングページを見ただけで、
嫌気がさしている人がいるのではないか。


『仮説』を立てるわけです。


じゃあ、「もし、ランディングページがなかったら、
その代わりになるものはいったい何なのか?」


それは、それぞれがやっているジャンルによって
歴史があって、やり方も異なるので、
実際に考えてみるといいですよね。

 

このように、今、常識だと思われていることも、
実際は、単なる仮説にすぎない
わけです。

このようにすれば、こういう結果が出るだろうという、

ある一定の範囲の中で考えた仮説に基づいて、

実践を行い、

ある一定の範囲の中で結果が出ているわけです。


だとしたら、その一定の範囲を壊せばいいわけですね。

じゃないと、その範囲内で考えられるような
結果しか出ないからです。

それに、時代は常に変化していきますから、
成長していかなければ、淘汰されるだけです。


例えば、ランディングページも、
ありきたりなパターンではなくて、
そこでチャットをすることもできますし、

そもそも、きちんと求める結果が得られるなら
ランディングページじゃなくてもいいわけです。

また、メールアドレスを登録するんじゃなくて、
使用するメディアを変えれば、
もっと違うやり方だってありますよね。


どんなことでもそうなのですが、

私たちが行っていることは、

正しいことではなくて、

単なる仮説です。

 

仮説である以上、自由にいくらでも変えることができます。

変えることができるんです。

 

だから、「その仮説は本当に正しいのか?」と

常に疑っていかなければならないわけです。

そして、成長していかないといけないわけです。


これは、ランディングページだけでなく、
すべてにおいてそうです。

結果というのは、ある仮説に基づいて
それを行って出てきたものです。


したがって、もっといい仮説を立てることができれば、
もっといい結果が出るわけです。

コンセプトも同じですね。

誰に、何を提供したら喜んでもらえるだろうという
仮説を立てているわけです。

だけど、結果が不十分だとしたら、
仮説に問題があるのではないか、
もっとよくできるのではないか、

考える余地があるわけです。


今やっていることは、
正しいと思ってやっているのですが、

それは単なる通過点に過ぎませんから、

常に疑問を投げかけ、

成長していくことが大事だと考えます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー