困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『君が輝く最高の君へ』

iPhoneのイヤホンも自分もウンコだった件

iPhoneに標準でついてくるイヤホンを
パソコンで使ってたんですがぶっ壊れました。

仕方なくソニーのイヤホンとかえたら、
「なにこれ!!!」
めっちゃ音いいじゃん。

iPhoneウンコだった…。


なぜなら、そのソニーのイヤホンすらも、
私自身は安物の最低なやつだと思っていたからです。

最低以下ってどういうこと…。


新しいのを買うしかないと思って、
近所の電気屋に行ったらまたもや愕然。


普通のイヤホンが売ってない。


売っているのはカナル型の耳の穴につっこむタイプだけ。

音漏れはしないかもしれないけど、
私がほしいのは音漏れする普通のやつ。

だって、パソコン用だから、
まわりの音聴こえにくいと困るじゃん。

というか、1個も売ってないってどういうことよ。

結局アマゾンで注文しました。

今の普通から基準を上げろ

何が言いたいかというと、
ウンコが普通になっていたら、
話にならないということです。

今、目の前にあるものが基準になっています。


少し前までは、ソニーの安物のイヤホンが
ウンコだと思っていました。

ところが、iPhoneのイヤホンを使っていたら、
ソニーは神になりました。


つまり、レベルの低い環境にいては、
それに慣れてしまって
それが普通になってしまうということです。

そして、それがいいか悪いかは、
比べてみないとわからないということです。


ということは、今、普通だと思っているけど、
実はレベルが低いものが、
まわりにはたくさんあるのではないでしょうか。


例えば、健康。

例えば、勉強。

例えば、友人。

例えば、洋服。

なんでもそうですが、
積極的に基準を上げていかないと
世界がせばまるなぁと。

そう考えると、芸能人格付けチェックで
勝ち続けているGacktはスゴイと思うわけです。


一見関係ないように思えても、
いろんな基準を上げていくと、
他の分野もつながって見えるようになるので、
基準は上げていくといいですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー