困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『君が輝く最高の君へ』

人生が上手くいかない理由の1つが状況認識の弱さ

人生が上手くいかない理由はいくつもありますが、
その1つは、『状況を読み取る力』
弱いからだと思います。


例えば、目の前にリンゴがあります。

頭の中にリンゴが思い浮かんだでしょうか?


そのリンゴは赤いですか?

どんな色の赤ですか?

どれくらいの大きさですか?


私たちの思考は漠然としています。

したがって、世の中を正しく認識しようと思ったら、
1つのことをいろいろな角度で
見る必要があります。

 ・色

 ・形

 ・大きさ

 ・匂い

 ・作った人、場所

より多くの角度から見るほど、
そのものがよりはっきりとイメージできます。


人生で起こってくる出来事も
まったく同じです。


目の前に起こってくる出来事を、
より多くの視点から見ることで、

”なぜ、その出来事が起こっているのか?”

つまり、その出来事が自分にとって
どういう意味があるのかがわかるのです。


これは訓練しないとできません。

目の前のリンゴの特徴をあげてくださいと言われ、
たくさんあげることは、訓練が必要です。


ですが、訓練すれば誰でもできます。

そして、世の中の成功者と呼ばれる人は、
1つのことをより多くの視点から見ることができます。


だから、出来事をより正しく理解できるのです。

それによって、自分が何をすれば上手くいくのか見えます。

物事をより多くの視点から見れるほど、
精度は高くなります。


しかし、訓練するのが面倒くさいので、
98%の人は、ただぼんやりとしか
物事を認識していないのです。

目の前にリンゴがあるというだけで
終わってしまっているのです。


例えば、仕事で嫌なことがあったら、
嫌なことがあってむかつくというだけで
終わってしまっているということですね。

それ以上の視点で見ていないので、
単なる嫌な出来事で終わってしまっています。


嫌な出来事で終わると、
また次に同じような出来事が起こっても、
それも嫌な出来事で終わります。

すると、嫌な出来事が自分にたくさん起こっていると
錯覚するようになります。

「何でこんなに不幸なのか」と思う理由は
そこにあります。


簡単なロジックなのですが、
人間は、感情で生きる生き物なので、
どうしてもそうなってしまうのです。

ほとんどの人がそうですから、
それが普通といってもいいと思います。


ですが、もし、本当に、
人生をよりよくしていきたいのであれば、

『状況を正しく認識する力』をつけることが必要です。

どのような訓練すればよいのか解説したのが、
私の講座になります。


状況を正しく読み取れれば、
自分がやるべきことも、
何をすれば上手くいくのかもわかってくるんですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー