困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『君が輝く最高の君へ』

自分ですら味方できない自分の味方を大事にしよう

私は自分が本当に素直じゃなかったと
反省しています。

まぁ、今でも素直かどうかは怪しいですが、
前よりは幾分ましになったかと。


例えば、ちょっとしたことで

褒められることや

凄いねと言ってもらえることがあります。


それは本当に小さなことかもしれないけど。

誰かが、確かに自分のことを
認めてくれることはあるんです。


それでも、自分ではそうは思っていなくて、

「そんなことない」と謙遜したようで、

実は、自分で自分を認めていないことがあります。


どうしようもない自分だから。

素直に受け止められないんです。


自分のよさ、自分らしさを
自分で気づくチャンスにもかかわらず、

気づかずに流してしまうこともあるかもしれません。


だけど、それじゃもったいないと
気づいたんです。


もしかしたら、相手は、

本当に”自分のよさ”を認めてくれているのかもしれない。


そして、自分ではそう思えなくても、

本当は、自分の中にそういうよさがあったり、

他人から見て、認めてもらえる部分が
あったりするのかもしれない。


人は誰しも、

自分のことを不十分だと、

どうしようもない自分だと思っている。


それは人間の不満足性であり、
生きる原動力にもなるのだが、

逆に、足かせになることもある。


そんなどうしようもない自分だから、
自分すらも、自分の味方でないこともある。


だから、自分のよさを

自分で認められないし、

気づけないことも多い。


だったら、もっと素直になろうと
思ったんです。


素直に「ありがとう」と感謝し、

素直に、自分のよさを認めようと。


そしたら、相手も嬉しいし、

自分の可能性も広がっていく。


自分で自分を信じられる。

そんな自分になっていける。


『ちょっとだけ素直に生きよう。』


自分の味方になってくれる人を大切にし、

自分のことを信じてあげられる自分になろうと、

そう思ったのです。


それが『自分らしく生きる』ということだから。


そして、そのために生まれてきたのだから。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー