困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『君が輝く最高の君へ』

しつこい人には意味がある

日常生活で、冷静に起こっていることを見ていると、

『しつこい人』にも意味があるんじゃないかと思いました。


例えば、私に対して、
何度も同じことを言ってくる人がいます。

その人は、会う度に、

「絶対に先生をやった方がいい」

と私に言ってくるのです。


私は、「いやいや、やらないから」と

返していたのですが、


何度もしつこく言ってくるのは、

実は意味があると気づいたのです。

 

私はこれまで、

その人が言ったことを、

”そのまま”受け取っていたので、


「それはない」と、

反発したり、聞き流したりしていました。


ところが、

また、別の人からも、
同じようなことを言われることがあり、


本当に伝えたいことは、

もっと深いところにあるのではないかという

考えに至ったのです。


例えば、先ほどの、

「先生をやった方がいい」というのは、


先生をやらせたいという表面的な意味だけではなく、

先生という”資質”を持ってできることを
やらせたいということ
だと気づいたのです。

 

時々、しつこく、

「○○した方がいい」と

言ってくる人がいるんですが、


それは、”○○”をやらせたいだけではなく、

”○○”が本質的に持っている

”何か”をやらせたいのだと思います。


そういう資質役割が自分にあることを
教えてくれているということです。


○○だけきくと、

「ちげーよ、やりたくねーよ」と思うのですが、

そうじゃなくて、

もっと本質的に指し示しているものがあると思うわけです。


なので、人から何かを言われたときは、

表面的に受け取るのではなく、

そのことを”ヒント”に、

その奥にある本質を見極め、


「本当に自分に伝えたいことは何なのか」、

「自分がやるべきことは何なのか」を

しっかりと見い出していくことが大切だと思いました。


特に、しつこい人は、

しつこいなりに意味があると思うので、

表面的に受け取らず、「本質」を見極め、

ヒントやきっかけを生かすチャンスを
逃さないようにしたいと思った次第です。


しつこい人には意味があります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー