困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

グラフを書いたんですよ。

関数の。


関数って、XとかYとか、
ある変数によって決まる値のことです。

グラフは、波を打つような
うねうねっとした曲線になります。


一応、私は高校で数学や物理も教えてたんで。


でも、今書いたのは、
”人生”のグラフです。


変数はたくさんありますよね。

仕事だったり、出会いだったり、
人間関係だったり、

嫌な出来事や、ハッピーな出来事、
やる気や目標なんかもあるかもしれません。


それを客観的にみて、

自分の人生はこんな感じになっていると

グラフを書いたんです。

 

生まれたときは、両親がいて、
あの家にいたから、スタートの数値はこのくらい。

小学校は友達もできて、
楽しかったからこのくらい。

中学校は、がんばってたから
数値も結構よくて、

高校は、やる気がなかったから、
ちょい下がって、

みたいな。


変数を何にするかで、
いろんなグラフが書けます。


面白いのは、人間関係は、
あんまり下がることはなくて、
常に加点されていって、
右肩上がり。

やる気は、いろんな変数を合わせた
総合的なグラフとリンクしているなとか。


まぁ、こんなのをたまに書いて、
この先どうなるかを考えてみることがあります。


総合的には、上がったり下がったりしているけど、

今、いる地点は、

上がっている途中だから、
この先も上がり続けるだろうとわかります。

 

人生で、「自分が今いる場所」が、

上がっているのか、

下がっているのか、

よくわかっていない人が多いです。

 

ビジネスも同じで、

今、赤字だけど、

それは、今いる地点がこの先どうなるかで、
意味は大きく変わってきます。

例えば、現時点が上がっている途中ならば、
今は赤字でも、
3ヶ月後から黒字になるとかわかるわけです。


だけど、今しか見ていなくて、

何も結果が出ていないから、
諦めてやめてしまう人というのが、ほとんどなんです。


それは、結果が出ていないんじゃなくて、
結果が出るまでの道のりの途中ということですよね?

 

ということは、

人生でもビジネスでも、

今、上手くいっていなくても、

上がっている途中なのか、

下がっていくのかによって、

今、やめるのか、カンフル剤を投入するのか、
このまま続けていくのかが決まるということです。


必ず波はあります。


ピアニッシモ(すごく弱く)なったかと思ったら、
メゾフォルテ(やや強く)なって、

その後、フォルテ(強く)なったりするわけです。


だけど、全体的に見れば、

必ずクレッシェンド(だんだん強く)なっていくわけで、

そうならなければならないと思っています。


ポップスだったら、AメロとBメロが終わったら
サビがきて盛り上がります。


自分の曲も上がったり、下がったりするけど、

必ず盛り上がるように指揮していかなければなりません。


そのためにも、今、自分がいる場所を
把握することが大切だと思います。


今、どんな波の途中にいるのか。

感情じゃなくて、前後をしっかり見て、
冷静に分析すると面白いです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー