困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『君が輝く最高の君へ』

天才とは99%の素と1%の演技

私は親しい人から

「あなたほど変態はいない」

と言われます。


私は変態ではなく、変人だと
何回言ったらわかるんでしょうか。


例えば、

いや、

ここでは言えないですね(笑)


100人に言ったら、
99人がひいてしまうことを、
やってみることも大事だと私は思います。


あなたも、”何をしてもいい状況”になったら、

あんなことや、こんなこと、

興味を持ったこと、

普段は絶対にできないこと

やってみたいと思うのではないでしょうか?

 

でも、何かしらの制約があって、
普段はできないわけですよね?

 

私は、

そのやりたいことを

究極につきつめていくことが、

結果的に、視野を広げ、
『自分らしさ』を作っていくと思っています。


天才と凡人の違い。


あくまで私の意見ですが、

凡人とは、99%演技だと思うのです。


状況やまわりのせいにして、

我慢して、妥協して、

そうなければならないと思い込んだ自分を演じ続ける。


それに対し、

天才とは、99%が素だと思うわけです。


本当の自分らしさを追求していった人が
天才なんだと。


私は変態と言われていますから、
天才になるには修行が足りないのですが、

やりたいと思ったことはやって、

これからも自分らしさを
追求していきたいと思うわけです。


天才と何とかは紙一重ですので。


そうなると、結局は、他者から見て、
どう映るかというだけの話で、

だとしたら、天才という枠組みなど
本当はどうでもいいのかもしれません。


自分が、どれだけ自分に満足しているか。

演技ではなく、
素でいることができるか。


まわりの価値観にまどわされて、

自分の価値に気づかない、

演技していることにも気づかない

鈍感な人間にならないようにしたいものです。


素とは、自分らしさを追求し、

自らの役割、使命を果たすこと。


『天才とは99%の素と1%の演技』

もし、100%素になったら、神ですね(笑)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー