困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

負けたその場所に、あなたのやるべきことがある

死ぬ直前ってどんな感じなんでしょうね?

気を失うときのように、
スーッと意識がなくなっていく感じでしょうか。

夢を見ている。

そんな感じかもしれません。


お花畑や三途の川があって、

「お前はまだこちらに来てはダメだ。

お前にはやらなければならないことがある。」

と追い返されるかもしれません。


「やらなければならないことがある。」


確かに、やらなければならないことがあるんです。


ルーズヴェルト・ゲームで
監督が言っていました。

「お前たちは野球をやるために生まれてきたんだ。」


だから、今、ここにいる。


あなたは何をするために生まれてきたんでしょうか?


「そんなものはない」と言う人もいるかもしれませんが、

私は、実際にあるかないかは問題ではなくて、
信じているかどうかが大切だと思っています。


『信じているからできる』

そう信じています。


だから、毎日戦っています。


会長は言っていました。

「もし負けても、次に勝てばいいんだ。

一度も負けたことのない野球選手なんてどこにもいない。

そこからどう這い上がって強くなるか。

逆転。

逆転だ。」


負けたことがある人ほど、

強くて、信頼できる人はいません。


負けてもいい。

次、勝てばいいんだから。


勝つまで続ければいい。

勝つまで続けられるものを見つければいい。


だから、私たちはいつも負けるんです。

負けたその場所に、
あなたがやるべきことがある。

 

負けたその場所に、あなたのやるべきことがあります。

 

「お前にはまだやることがある」

なぜ、あなたはそこにいるのですか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。