困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

ギャップを意識すると人生が常に楽しくなる!

「えっ!?」と思う面白い動画を見つけました。


よぼよぼの老人が

「わしもサッカーに混ぜちゃくれんか…」と

若者たちのサッカーに乱入。


1分20秒あたりから、

老人がいきなり覚醒します(笑)


信じられないスーパープレイ連発に若者たちポカーン。

 

私は常に、目にしたすべてのことを
『自分の人生にどう生かすか』を考えているんですが、

この動画を見て、

ギャップは大切だと思いました。


ポイントは2つです。

 ・相手にギャップを与えるほど楽しませる

 ・自分にギャップを与えるほど楽しくなる


ギャップというのは、

”感情の変化”を起こします。


感情の変化が大きいほど、

人は感動したり、喜んだりします。


例えば、期待していなかったお店が
めっちゃ美味しかったとか、

普段厳しい人からほめられたとか、

思いがけずおごってもらった、

などなど。


効果的なのは、
「一度下げてから、上げる」ということです。

動画でも、老人という設定で低めてから、

めっちゃスゴイと上げています。


逆に、高めてから、落とすと、

悲しさや苦しさが倍増します。


映画などのストーリーも、

感動ものは、だいたい、一度転落してから、
大きく上がるから面白いわけですよね。

 

この仕組みを、日常生活に取り入れるわけです。


例えば、私は、”すべてのもの”に期待していません。

物であっても、人であっても、
お店であっても。


まったく期待しないで生きていれば、
嬉しいことだらけです。

がっかりすることもないですし、
楽しいことばかりなんですね。

 

また、相手に何かをするときは、

期待させないですね。


期待させないで、予想外のものを
常に相手に提供します。

サプライズ的なこととか、
すごく効果がありますね。


例えば、最近だったら、

ただの打ち合わせなのに、

相手の期待以上のプレゼンを
最初から準備していったりとか。

「えっ!」ってなりますよね。


他にも、友達に、
普通なら手に入らない貴重なものを
何も言わずに、さらっとプレゼントしたりとか。

「えっ!」ってなりますよね。


また、自分のことであれば、

なるべく質の高いものを選ぶようにしています。


過度な期待をせずに、

最初から質の高いものを
しっかりと選ぶわけです。


そしたら、ほとんどの場合、
思った以上の満足感が得られます。

 

このように、相手に与えるときも、

自分自身で手にするときも、

”ギャップ”を意識するんですね。

 

受け身でギャップが起こるのを待つのではなく、

意図的に”大きな”ギャップを作りましょう。

 

感情の変化が大きいから、

より高い満足を得られるわけです。

だから、毎日が楽しくなるんです。

 

あなたも、感情の変化、

ギャップを意識して生活してみませんか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー