困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『君が輝く最高の君へ』

欲しいものを手に入れても人生は豊かにならない

自分が欲しい物を全部ノートに書き出しました。

そしたら面白いことがわかりました。


全部で11個しかなかったのです。


普通は、欲しい物をあげたら、
きりがないと思うのですが、

今の私には11個しかありませんでした。


元々私は欲が少ない方だと思います。

そして、欲しい物を手に入れても
人生が豊かにならない
ことを知っているので、
欲しい物はほとんどないのです。


いやいや、欲しい物が手に入ったら
人生は豊かになるでしょ。

そう思うかもしれませんね。


短期的にはそうかもしれません。


だけど、長期的に考えた場合、
豊かさにはつながらないことが多いのです。

 

なぜなら、人生を豊かにするのは、

欲しい物ではなく、必要なものだからです。


必要なものというのは、

自分に富をもたらしてくれるもののことです。


例えば、健康をもたらしてくれるもの、

成長させてくれる知識や知恵、

持っているだけで価値を生み出すもの。


私が、欲しい物を買ったという話が一切ないのは、

欲しい物を買うことがほとんどないからです。


それで幸せなのか?


私は幸せです。

なぜなら、自分の価値基準で生きているからです。


欲しい物を手に入れる行為は、
多くの場合、自分が本当に求めているものではなく、

持っていることで価値があるという
他人の価値基準
によって作られたものです。


例えば、高級車を手に入れても、
本当に心から満たされるかというと。

手にした人ならわかるはずです。


それが、本当に心から
自分が求めているものであればいいですが、

そうではなく、まわりと比較し、
他人の価値基準で欲しいと思ってしまったものであれば、

心から満たされることは難しいでしょう。

 

長期的にみた場合、

欲しい物でなく、必要なものに投資することが
人生を豊かにします。

自分に必要なものが何かわかっていれば、
心から満たされるので、精神的にも自由です。

 

人によっては欲しい物を手に入れないことを、
我慢と言うかもしれません。


だけど、我慢できずに欲にふりまわされるから、
人生は豊かにならないと
気づかなければなりません。

そして、我慢とは、欲しい物を手に入れるのか、
手に入れないのかという選択ではありません。


本当の我慢とは、

今、目の前にある欲しい物と、
それを手にせず投資したとき、

どちらが自分に価値があるかを選択する行為です。


目の前にあるものを好き放題食べることを選択し、
短期的な欲を満たし、太ってしまうのか、

それとも、トレーニングやよい食材を選択し、
長期的に健康な生活をするのか、

その2つの選択のことです。


10年後、

心から満たされた毎日を送るために、
どういう選択をするのか。


この選択は自由です。

長期的に人生を豊かにしたいなら、
現在と未来、どちらを選択するのか。

ただそれだけのことです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー