困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

あの方法はもう稼げないですよね?

「ブログで成功するのは厳しいですか?」

「ツイッターってもう稼げないんですか?」

「自動ツールってどうなんですか?」


いろいろな情報が飛び交っているので、
正直、不安になりますよね。


「ツイッターはもう飽和状態だよ」

と誰かがブログで書いていたら、

「もうツイッターってダメなんだ、がっかり…」

ってなりますよね。


これって発想が逆だなと思うわけです。


上手くいっていない方法を探しても、

ネガティブになって、行動ができなくなるだけです。

 

上手くいかない1番の原因って
何だと思います?

 

私は行動しないことだと思います。

 

誰が何と言っていようと関係ないんですよ。

だって、それはその人の考えであって、
真実でも何でもないのだから。

 

ハーゲンダッツの店舗っていつの間にかなくなりましたよね。

じゃあ、ハーゲンダッツが終わったかというと
そういうわけではなくて、

コンビニ行けば買えるわけです。


近所というせまい範囲で見たら、
もうダメだと言う人もいるでしょう。

でも、都道府県とか、日本とか、
世界とか、広い範囲で見れば、

そんなちっぽけなことは大したことではないわけです。


だけど、人間は、ちっぽけな範囲で物を見て、

ちっぽけな範囲で考え、
ちっぽけな結論を出します。


大事なのは、もうダメなのかどうかではなく、

『どうすればできるのか』です。


フォーカスするのは、

もうダメな部分ではなく、

上手くいっている人であって、
上手くいっている部分であって、

”上手くいくにはどうすればいいのか”という部分です。


実際、上手くいっている人は
必ずいるのですから。


上手くいかない部分にフォーカスしたら、

何をやっても上手くいかないです。


何をやっても必ずつまずくことはあるわけですから、

すべての上手くいかないことは、

ただの通過点でしかないんです。

 

その先が必ずあるんです。

 

つまずいたときに、

前を向いて歩き続けるのか、
それとも、立ち止まって歩みを止めるのか。


上手くいくためにはどっちなんだい?

結構単純な話なんですよ。


だから、私は、ネガティブな発言は一切ききません。

歩みを止めることに
つながってしまうから。


大事なのは、ポジティブな意見をきき、

常に、前だけを見て歩き続けることです。


そうすれば、どんな方法であろうと
必ず上手くいきます。

 

俺たちはまだちっぽけで 手のひらの中には
この手のひらの中には 何もないけど

雨に打たれ 風に吹かれ でも諦めないから

でも諦めたくないから
きっといつか何かを掴むんだ

ちっぽけな勇気(FUNKY MONKEY BABYS)

 

時代は常に進歩しています。

前向きに、どうすれば上手くいくのか考え、
時代と共に進化していく人だけが、

生き残るのが、自然の法則です。


「あの獲物はもう捕まえられないんでしょ?」

言い訳して行動しないライオンがいたら、
もう死んでるでしょうね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー