困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『君が輝く最高の君へ』

100億円を寄付できるか?

金田一少年の事件簿Nの2話で、
ある女の子が親の遺産100億円を相続したんですね。

でも、その100億円を全部
寄付しちゃったんです。

「お金なんてなくても、私は今幸せなの」

マジかよ~。

同じ状況になったら、絶対に全額寄付なんか
できないと思いました。


あなただったらどうしますか?

100億円の遺産を相続したら。


それから冷静に考えた結果、
100億円は寄付すると決断しました。

少し迷いが生じましたが、
それは人間だから仕方がないかなぁと。


そして、もし、100億円が手に入っても、
その価値を今の自分はわからないので、

間違いなく自滅すると思います。


人は、簡単に手に入ったものは、
軽く考えます。

例えば、無料でもらったものは、
自分がお金を出して買ったものよりも、
雑に扱うでしょう。


街でもらったティッシュやチラシは
捨ててもいいと思いますし、

知り合いからもらったお土産は、
どんなに高いものでも、
興味がなければいらないと思います。


それは価値を理解していないからです。

手に入れるために、苦労していないので、
価値がわからないんですね。


価値とは、自分が提供することで、
初めて理解できるもの
であって、

自分が正しく扱える価値というのは、
自分が受け取れる価値ですから、

自分が提供できる価値と等しくなります。

それ以上の価値は理解できないので、
扱うことが難しいでしょう。


例えば、クレジットカードで
必要以上に買ってしまったり、
車や家をローンで買ってしまったり。

私もそうだったんですが、
金銭感覚が麻痺している状態ですね。


金銭感覚が麻痺しているとは、
お金を必要以上に使ってしまうことではなくて、

本来、自分が提供できる価値以上のものを、
扱ってしまっていること
です。

借金がいい例です。


借金をしてしまった多くの場合、

借金を返すことだけが
自分の生活になってしまい、

それ以上に稼ぐことが
できなくなってしまうことが、

金銭感覚が麻痺している状態です。


高額なものは、ローンを組んで買うのが普通
と思っているかもしれませんが、

それは普通ではなく、異常なんですね。


なぜなら、自分が与えられる価値以上のものを
借金という形で手に入れているからです。

お金を扱えていないから異常なわけです。


もし、お金を扱えるのであれば、
借金なんてする必要がないわけです。

自分がきちんと相手に価値を与え、
多くの対価を受けとる力があれば、

借金なんてしなくても払えるはずです。


それができない、つまり、自分が扱える以上の
お金を扱っている時点で、

自分には価値がないと
諦めてしまっているわけですね。


したがって、もし、100億円という金額を相続しても、
扱えるお金は、自分の与えられる価値まで。

それ以上の額は、借金と同じです。


つまり、100億円を受け取っても、
多くの場合、あっという間に失って、

今と同じ生活か、それ以下に落ちてしまう可能性が
高いということです。


もしかしたら、その100億円で借金を
返そうとか思っているかもしれませんが、

返したところで、自分のレベルが
上がるわけではありません。


”借金をしているのが自分のレベル”ですから、
いくらお金があろうが、関係ないんですね。

自分のレベルを上げない限り、
お金を正しく扱うことはできないんです。


だから、私は、もし100億円を相続することになっても、
全額寄付します。


もし、寄付できないというのであれば、

それはその程度の考えしかできないということです。

厳しいかもしれませんが、

その程度の考えしかできない人が、
お金を扱えるわけがないんですね。


今の自分は、そういう考えしかできないレベルなんだと、
気づく必要があります。


逆に、全額寄付できるレベルであれば、

いくらでも稼ぐことができると思いませんか?

 

本当、自分に言い聞かせているんですが、

みみっちいことを言っている自分こそが、
みみっちいことを言ったりやったりしているから、

今の現状がこうなっているんだと、

ハンマーで頭をガツンとやって
目を覚まさせないといけないです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー