困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

うちの親が猿の縄張り争いのように
毎日キーキーと喧嘩ばかりしている
と話しました。

あぁそれが私が女性と上手くいかなかった理由だと気づきました。

本能的にモテる秘密

例えば、ボス猿はなぜモテるのか?

それは強いからですよね。

父親がボス猿で、母親もボス猿だったら、
当然戦争が勃発して上手くいきません。


理想は、父親がボス猿で、母親は子供を育てる
パートナーですよね。


で、私が上手くいかなかった理由は、
ボス猿ではなかったということです。

ビジネスと恋愛が似ていると思うのは、
『相手が求めている理想を提示して、
その理想に向かってリードしていくこと』
です。

リーダーとして導いていくことが大切です。

男としてここがダメだった

だけど、私は女性に対して、
めちゃくちゃ言うことをきいたり、
願いは全部叶えたりしようとしていた
んですね。

それが彼女の幸せだと勘違いしていたんです。

もちろんそういうプリンセスにつかえる
紳士的な要素も大事だと思いますよ。


でも、根本的に、女性が求めているのは、
「自分を守ってくれて、褒めてくれて、
認めてくれる男性」
だと思うわけです。

なぜなら、それが本能だから。

子供をつくり、種を繁栄させていくために
女性は強い男性にひかれるわけです。

本能的に。

本当に魅力的な人とは

だとしたら、相手の言うことを何でもきいて、
自分の意見を言わない男性は
明らかに魅力的でないですよね。

単なるいい人であって、男らしくありません。

弱い男は、女性は本能的に惹かれませんから、
最初は優しいなと思うかもしれませんが、
長く付き合っていれば魅力はうすくなります。

だから浮気されたり、愚痴を言われたりするように
なってしまうわけです。


男性から見れば、「こんなにもつくしているのに、
どうして自分を認めてくれないのか」

悩んでしまうわけですが、
それは”根本的に魅力がない”ということです。

私は人に尽くすタイプなので
それが失敗の原因でした。

実際は、相手につくせばつくすほど、
逆効果ということもある
ということですね。


極論を言えば、「相手を幸せにすることが目的」というのは
男として魅力的でない
ということになります。

自分の信念をしっかり持って突き進み、
それが結果的に女性やまわりの人を
幸せにしたというのが魅力的な男だと思うわけです。

『勝手に幸せになりやがれ理論』です。


もちろんまったく女性につくしてはいけない
というのとは違います。

バランスの問題です。

愛情を感じる行為も重要なわけですから。

つくすばっかりとか、叶いもしない夢を追い続けるとか、
極端に偏っているとマズイということですね。


例えばボス的存在であることと、
亭主関白であることはまったく違うと思います。

異なるのはリードするという点です。

これが非常に重要です。

男らしく自分の意見をしっかり持ち、
女性をリードすることが大切なのです。

ふられる男性の特徴

先ほどビジネスと恋愛は似ていると言いました。

リードするとは、相手が求めているものを
しっかりと提供する
ということです。

例えばデートプランであったり、
彼女が好きなものだったり、
決して彼女をおろそかにしないということです。

おろそかにしないけど、言いなりではないということです。


もしあそこも行きたい、あれが食べたいとか、
全部彼女の言うことをきいていたら、
まったく男らしくないですよね。

リードしてないですよね。

むしろリードされている感があります。


そうなると男としての本能的魅力がないですから、
女性は無意識に、この人は弱い人だと思うでしょう。

つまり、いずれ上手くいかなくなって
ふられる可能性が高いということです。


実は自分からデートにさそったり、
食事にさそったり、メールしたりというのも
ぶっちゃけ魅力的ではないと思います。

なぜならさそった瞬間に、
女性につかえることになってしまい、
男性としての魅力が下がってしまうからです。


デートプランはしっかり立てるけど、
あくまで男性はボス猿でないといけないわけです。

さそわなくても相手がついてくるくらい
魅力的でないといけない
ということですね。

男性として、本能的に。

これも『勝手に幸せになりやがれ理論』です。

長く続くカップルの秘訣

もちろん女性がどのように思うかは
その人によって異なると思います。

ここで言っているのはあくまで私の失敗を元にした
本能という側面からの話です。


大事なことは、人間の本質として、
本能的に魅力的でないといけないということです。

だって女性から見て、何でも言うことを
きくだけの男性だったら、
まったくワクワク、ドキドキしないですよね。

面白くないです。つまらないです。


例えば、リードされても、デートが毎回居酒屋や
カラオケだったらあきてしまいます。

それが自分が予想をはるかにこえた
ワクワク、ドキドキする場所で、
さらに自分の好きなところだったら、
毎回、次はどこにつれていってくれるんだろうと
考えずにはいられないですよね。

相手のことを考える時間が長いほど好きになるわけですから、
それが長く上手くいく秘訣の一つでしょう。

いつまでも魅力的ってことです。

毎回ディズニーランドのような
夢と希望を与えられたらいいですね。


なにはともあれ男性としての魅力が低ければ、
そりゃ上手くいかないわと反省した次第です。

ビジネスではいつも本能に着目するわけですが、
ビジネスも恋愛もすべては人間関係ですから、
恋愛も本能が大切だと思ったのです。

本当に魅力を感じる男を目指したいです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。