困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

自信をつくるもの

「人よりできるから自分のことを
信じられるんですよ」
と言われました。

その方は公務員で、自分に自信がないそうです。

だから自信がある私を見て、
「人より優れているから」と思ったようです。

本当にそうなのでしょうか。

あなたは自信がありますか?

今日は黄金のオーラが目に見えるような
自信あふれる人になる方法
について
お話しします。

なぜ成功者は自信があるのか

成功している人をみると
確かに頭がよかったり、アイデアがすごかったり、
努力家だったりします。

人より優れているから
上手くいっているように見えます。

他の人よりできるから
「自分はできる」と信じているように見えます。

ではそのような自信
どうやってつくられるのでしょうか?

日本に生まれて

この時代の日本に生まれて思うことは

”自信がある”とか”自信がない”とか
そんなことを言う余裕がある
天国のような環境だということです。

「私は自信がないです」と言えるなんて、
すごく余裕があると思いませんか?

あなたは「今戦争をしている国はどこですか?」
ときかれて答えられますか?

もし戦争中の国に生まれたら。

「私は自信がないです」
言っていられるでしょうか。

公務員と起業家の温度差

私も元公務員だったのでわかるのですが

厳しいかもしれませんが
「自分が信じられなくてもやっていけるのが公務員」
と言わざるをえません。

公務員は上を目指そうと思えばいくらでも目指せる反面、
結果を出す努力をせずに楽をしようとしても
給料がもらえてしまいます。

逆に起業家や自営業の人は
『自分が信じられなかったら死あるのみ』
です。

なぜなら自分から何かを成し遂げようと
しているわけですから、
自分が信じられなかったら何もできないからです。

起業家や自営業は、商品を売っているように見えて、
”実際に売っているのは自分自身”です。

ラーメンを売っているように見えて、
実際はお客様にどう満足してもらうか
喜んでもらうか、自分自身の情熱を売っているのです。

そしてお客様も、「私は自信がないです」
と言っている人から商品を買おうとは思わない
です。

すべての公務員と起業家にあてはまるわけでは
ないですが、少なくとも今いる環境が甘ければ
自信がないのも当たり前なのかもしれません。

自信は環境でつくられる

自信があるないは、根本的には、
今、どんな状況にいるかで決まります。

自信がなくてもやっていけるような環境にいれば、
「自信がない」と悠長なことを言っていられます。

自信がないとやってけない環境にいれば、
自信がなければライバルに負け
淘汰されてしまいます。

「自分はここまでしかできない」と思った時点で、
敗北が決まってしまうからです。

やり遂げなければならない環境にいれば
どんなに失敗しても立ち上がるしかなく
成功体験が自信へとつながっていくのです。

自信をつくる5ステップ

前向きにどんどん結果を出せる
ポジティブな人間になりたかったら。

1.今、自信がなくてもやっていける環境に
  いることを理解する

2.自信があるとかないとかいう考え方を捨て、
  自信は必須だと理解する

3.自信がある人(理想とする人)の環境と
  自分の環境を比べ「自信をつくっている違い」
  を明らかにする

4.自信をつくっている違いの中で
  自分にもできることを1つ決め
  生活の中に取り入れる

5.違いを毎日続け習慣化する

自信をつくる違い

根本的には、自信があるのではなく

『自信がなくてはならない環境にいるから
そうならざるを得なかった』
というのが
正直なところです。

そして、誰もが最初は自信はありません。

100%の自信がある人など
世の中にはいない
のです。

だからこそ、少しでも自信が高い人と自分で、
”何が違いをもたらしているのか”

を考えることが重要です。

戦争をしている国で戦っている人がやっていることと、
あなたがやっていることは明らかに違いますよね。

それと同じように、自信がある人がやっていることと、
自信がない人がやっていることには違いがあります。

違いを明らかに

例えば、毎日実践している時間が違ったり、
失敗している数が違ったりします。

1回か2回失敗してあきらめていたら
自信はつかないでしょう。

成功している人は何十回、何百回と失敗しているわけですから。

失敗を乗り越えようと思えるだけの
「ワクワクする目標」を持っているかどうか
という違いもあるかもしれません。

目標が本当に成し遂げたいと思うものでなければ、
実践する前にテレビやインターネット、遊びへと
小さな満足に逃げてしまうでしょう。

将来、大きな満足が得られるという
ワクワクする目標
を持つ必要があります。

このように、今の自分と理想との違いを見つけ、
生活に取り入れることが大切です。

目標がなければ、毎日目標を考える時間を
夜寝る前と朝起きてそれぞれ5分間とるなど。

違いを明らかにしたら、できることから
習慣化する
ことが大事です。

今すぐできること

あなたとあなたが理想とする人の違いを見つけ、
できる小さなことから実践してください。

自信は環境からつくられます。

違いを習慣として実践する環境に身をおくことで、
あなたも自信にあふれた素敵な人になれます。

「どうしてそんなに自信があるのですか?」
尊敬のまなざしできかれるようになります。

まずは理想の人を思い浮かべて
違いを探してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。