困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『君が輝く最高の君へ』

先延ばしグセを直す方法

あなたには嫌だからと
「先延ばし」にしていること
はありませんか?

勉強や仕事をしないといけないのに
テレビやスマホ、インターネットをしたり。

わかっているけどできないことって
ありますよね。

今日は先延ばし癖を直す
具体的な方法
をお話しします。

嫌なことでも取り組めるようになって
仕事も勉強もみるみるはかどる方法です。

収入アップにつながり、
上司や同僚から尊敬される強烈な方法です。

やらない理由を作る

こんなことはありませんか?

例えば行きたくない飲み会に
誘われたとき。

「ごめんなさい。ちょっと用事があるので」

本当は用事はないのに、嫌だから断わった経験が
あるのではないかと思います。

それでもしつこく何度も誘われたら。

「子どもの行事があるので」とか
「祖母を病院に連れて行かないといけないので」とか。

どうにかして断れないか

行かなくてもいい理由
作ったことはないでしょうか。

脳がフル回転

実は”何か嫌なこと”を目の前にすると、
人間の脳がフル回転で
はたらく瞬間があります。

それが「やらなくてもいい理由」を
考えること
です。

例えばしないといけない仕事や
勉強があっても

・難しいし失敗するからできない
・お金がかかるから無理
・今日は時間もないし、疲れたから明日やろう

このようにやらない理由を
脳みそフル回転で考えようとするんですね。

脳にはそういう仕組みがあるんです。

なぜやらない理由を考えるのか?

先延ばしの原因の1つは、
脳の生命維持のはたらきによるものです。

ホメオスタシス、現状を維持しようとするからです。

暑いと汗をかいて体温を下げ、
平熱を維持しようとしますよね?

それと同じように、何か新しいことに
チャレンジしようとしたとき、
「変化を回避する方向」に脳ははたらきます。

簡単に言えば
”やらなくてよい理由”
一生懸命考えようとします。

嫌なことを避けるために
脳のパワーを最大限発揮します。

先延ばしにするのは自分が悪いわけではなくて、
人間の体はそういうふうにできているのです。

目標とメリットが重要

この脳のはたらきをこえられるかどうかが、
成功できるかどうかに関わってきます。

・ワクワクする目標
・乗り越えるだけのメリット

これらが自分ではっきりわからないと、
目の前の誘惑に負けて
先延ばしにしてしまうのです。

1つ1つのやらない理由を乗り越える
明確なメリットが必要です。

例えば、

・時間がないのではなく、時間を作ってでも
 やりたいものであるかどうか
・お金がないのではなく、お金がなくても
 できるように工夫するやる気があるか
・スキルがないのであれば身につけるのかどうか

やらなくてもいい理由は、
本当に達成したい目標やメリットがあれば
乗り越えられます。

脳のはたらきに気づく

例えば私は仕事の飲み会は
行きたくありませんでした。

上司の戯言に付き合い、
何度頭からビールをぶっかけたいと思ったか。

だから最初は都合が悪いと断っていました。

でも次のようなメリットをあげることで
行くことができるようになりました。

・人間関係が深まる
・まわりからよく思われる
・出世に貢献

『ワクワクするより大きな目標』
『目標達成に近づくというメリット』
自分で鮮明にイメージできることが重要です。

何より”やらなくてもいい理由”を考え出したら
「脳がはたらき出したな」と気づくことができます。

この気づくことが大事なんですね。

なぜならマイナスに脳をはたらかせるのではなく、
よりプラスにはたらかせないといけないと
気づけるからです。

先延ばしグセを直す10ステップ

先延ばしグセを直す1つの方法は
目標とメリットをしっかりと自覚することです。

1.やりたくないこと、先延ばしに
  なっていることを1つあげる

2.自分が「やらなくてよい理由」を
  考えようとしていることに気づく

3.本当に達成したいワクワクする目標を思い出す
  (ない場合は毎日考える必要がある)

4.その目標を達成するために
  必要なことかどうか判断する

5.必要であれば毎日続けることで
  1ヶ月後、3ヶ月後、1年後に
  自分がどうなっているか想像する

6.もしやらなかったら、
  1ヶ月後、3ヶ月後、1年後に
  自分がどうなっているか想像する

7.「やらない理由」をすべてリストアップする

8.その理由について、どうすれば解決できるのか
  解決策をあげる

9.課題を毎日こなせるだけの量に落とし込む

10.毎日できるだけ早い時間に行うよう
  生活の中に取り入れ、習慣化する

脳のはたらきを意識する

普段の生活で意識するとよいです。

「やらなくてもよい理由を考えようと
しているな」
と気づくだけでも
大きく変われます。

なぜならそのような考えが非生産的であるとわかれば、
もっと良い考え方をしようと
思えるからです。

脳のはたらきに流されるのではなく、
考え直すことができるんですね。

あなたはやらなくてもよい理由を
毎回考えていないでしょうか?

やるならやる、やらないならやらない、
はっきりと決めて、
1日も早く本当の理想へとたどり着けるよう
脳を上手く使っていきましょう。

今すぐできること

先延ばしグセが改善できれば、
これまで何年もかかっていたことが
1ヶ月、3ヶ月など短期間でできるようになります。

最短であなたが欲しいものを
手に入れることができるのです。

まずは普段の生活で、
「やりたくない理由」を一生懸命考えていないか。

脳のはたらきを意識して過ごしてみてください。

先延ばし癖は必ず直すことができます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー