困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

「投資で勝てる人」になる方法

以前私は1日で300万失うような
ギャンブルまがいの
危険な投資
をしていました。

性格テストをしても投資家とは真逆で
とても勝てなそうでした。

ところがたった1つ気をつけただけで
負けてばかりだったのが
嘘のように勝てるようになった
のです。

ヤバイくらい結果が出せる人に

今日は投資で勝てるようになるために
具体的に何をすればよいのかお話しします。

マスターすれば1日に数十万稼ぐことが
できるようになります。

FXや株式、日経平均、バイナリーオプション、
すべてに共通した大事なポイントです。

またこの考え方は投資もビジネスも同じなので
仕事で結果を出すこともできますし、
新しいチャレンジをしたときに挫折しなくなります。

これまで結果が出せなかった経験がある場合、
大きな助けとなるでしょう。

どんなことでも4ヶ月あれば
必ず結果が出せるようになります。

勝つために必要なもの

投資で勝つためには2つ必要です。

1.勝てるルールがあること

土台となる手法が必須です。

勝てる手法というのは世の中に
100個に1個ぐらいは存在します。

そういった本物の手法をまず見つけ
その手法を「自分のライフスタイル」や
「性格」にあったものにします。

2.毎日続けられること

投資ではメンタルが非常に重要なので
毎日続けられるだけの「心の強さ」が必要です。

メンタル面の強化

ビジネスも投資も成功の8割は
心理面で決まります。

手法は2割ですから、いくらよい方法があっても
心の土台ができていなければ
途中で挫折してしまいます。

特に投資はメンタルの強さが
そのまま成績に関わってきます。

投資でのメンタル
次の3つでマスターできます。

・十分な練習
・余剰資金で行うこと
・リスク管理をしっかりすること

詳しく見ていきます。

十分な練習

練習は次の目的があります。

・手法を自分にあったものにする
・負けを経験しルールの穴をうめる

最初の1ヶ月

最初の1ヶ月は「基礎知識」を徹底的に身につけます。

例えばセールスをするときに
マーケティングやコミュニケーションのことを
まったく知らなかったら。

物を売ることはできないですよね。

ネットビジネスにチャレンジしても
ビジネスの勉強をしなかったら
ちゃんと勉強しているライバルに負けてしまうでしょう。

必要最小限の知識を身につける必要があります。

私は新しいことにチャレンジするときは
その分野の本や教材を10個程度勉強します。

10個勉強すると、基本的な知識が身につくだけでなく、
どの教材も共通して言っていることに気づくことで
「本質」を知ることができます。

本質を知ることがもっとも重要です。

重要なポイントをがわかれば
練習でも重点的に実践することができので
短期間で結果を出すことができます。

結果が出せない場合、

・基礎知識が身についているか
・結果を出すための本質がわかっているか

その2点に気をつけるとよいです。

次の3ヶ月

ひらすら練習しルールをかためます。

時間に余裕があれば、最初の1ヶ月目の
基礎を身につけながら、実践も同時進行でも大丈夫です。

負けたときは「なぜ負けたのか」を考察します。

『同じ負け方をしないためには
どうすればよいのか?』

何度も試行錯誤し、同じ負け方をしないように
考え、工夫します。

時には結果を出している人が
なぜ結果を出せているのか
「違いをもたらす違い」を見極めたり、
直接相談したりする必要もあるでしょう。

投資の基本は、
「負けは小さく、勝ちは大きく」です。

どうすれば負けを小さくできるか、
勝つときは一気にドカンと勝てるか
手法をかためていきます。

その都度、必要に応じて本や教材で
知識を補い、手法を強化していきます。

1ヶ月目は必要な知識を網羅するように学びましたが、
それ以降の練習に関しては、
『必要なときに必要なことを学ぶこと』が重要です。

目標を決める

3ヶ月の練習では「目標」を決めます。

練習なのでデモトレードを行います。

FXの場合はForex Tester2でもよいです。

「3ヶ月間で月利何%を達成するのか」

目標が達成できるように
ルールをかためていきます。

リスク管理

投資で負けないためには
リスク管理がもっとも重要です。

1回の損失は10%以内に抑えたいです。

できれば5%以内に抑えた方が
心理的ストレスは少ないです。

勝てる手法を自分にあったものに
アレンジしていく段階で、
「自分が許容できるストレス量」になるよう
損失を制限します。

余剰資金で行う

生活費や借金で投資をすると
高い確率で失敗します。

絶対に負けられないという意識がはたらき
ルールをやぶってしまうからです。

ストップロスを外したり、
十分利益が出ていないのに利益確定したりすると
失敗します。

手法で負けるのではなく、
メンタルで負ける
ということです。

必ず余裕のあるお金で行います。

負けは経費

100%勝てる投資はありません。

7割勝てる手法だとしたら、
残りの3割は必ず負けます。

したがって負けは損失ではなく、
「必要経費」であると考えます。

ルール上負けて当たり前なのですから
仮に負けたとしても
想定内の出来事として
次からのトレードもルール通りに行います。

負けたからといって
・ルール通りに行わない
・少なすぎる利益確定をする
・トレードをしたりしなかったりする

このようなことをしていると
トータルで負けてしまいます。

一度ルールを決めたら
そのルール通りに行うことが重要です。

具体的なステップ

投資で勝つための手順です。

1.勝てる手法を見つける
 (実際に勝っている人が存在すること)

2.基礎知識を身につける
 (その分野の書籍や教材を10個程度学ぶ)

3.練習しながら自分のライフスタイルと
  性格にあうようにルールをかためる

4.余剰資金で小さくかけてリアルトレードを行い
  ルールが通用するか確認する

5.目的のレバレッジで投資を行う

まとめ

投資で勝てるようになるためには
次の2つが必要です。

・勝てる手法
・十分な練習

練習していく中で次のことに気をつけ
ルールをかためていきます。

・自分のライフスタイルや性格にあわせる
・負けを繰り返さない工夫をする
・毎回のトレードで許容できる損失に抑える

成功の8割はメンタルで決まります。

メンタルを強化するために
練習で自分のルールをかためていく以外に
次の2つに気をつけます。

・余剰資金で行うこと
・リアルトレードでは最初は小さなレバレッジで行い
 勝てるとわかってから大きくかける

試行錯誤していく中で勝てると自信がつけば
リアルトレードでも結果を出すことができます。

まずは基礎知識をしっかり身につけること。

そして自分にあうように十分練習を行ってください。

だまされないように

勝てる手法は100個に1個ぐらいしかありませんし、
自分にあっているかどうかも
やってみないとわかりません。

変な手法にだまされて、投資をする前に
お金をなくすことだけはさけてください。

もちろん本物の手法に出会うまでは
お金がかかることもあると思いますが、
あきらかに嘘の手法にはだまされないように
気をつけてください。

そのためにも、手法に頼るのではなく、
まずは基礎知識を身につけ
いろんな手法に共通した「本質」に
目を配るようにしてください。

本質さえはずさなければ
どんな手法であっても勝てますので。

基礎知識を身につける段階で
いろんな本や教材、手法に共通した
本質を見つけるようにしてください。

挫折しない土台を作る

大抵負ける人というのは(以前の私もそうですが)
1度にむちゃな取引きをしたり、
勝てる手法ばかり探していたりします。

手法に頼るのではなく、
しっかりとした基礎の土台によって
必ず勝てるようになります。

成功は手法が2割、メンタルが8割です。

メンタルを支える基礎知識と練習に
重きをおき、挫折しない心の土台を作りましょう。

短期間で結果を出すことを考えずに
最低でも3~4ヶ月のスパンで考えます。

楽な道ほど遠まわりです。

まずは基礎が足りているかどうか、
足りないと感じるときは
何を勉強すればよいのか
考えてみるとよいと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー