困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

離婚して当然|男女関係が上手くいかない1番の理由

彼女の一言で
胸がしめつけられるように苦しくなりました。

「離婚して当然」という理由
離婚して5年後の今、きいたからです。

あなたがもし、相手と上手くいかなくて
悩んでいるとしたら

今日の話で問題が解決し
愛しあう関係に戻れる
かもしれません。

離婚の原因とは?

彼女は私が「シカトした」
と言いました。

だけど私はシカトした記憶が
まったくない
んです。

あなたもちゃんと相手と向き合っている
つもりなのに、なぜか愛情が足りないと
思われたこと
があるかもしれません。

実はそこに「男女のコミュニケーションが
上手くいかない原因」
がありました。

矛盾

私はシカトしていたつもりはなく、
自分のことをわかってほしいと
”必死に話していた記憶”しかありません。

「自分はこういう考えなんだ」
一生懸命説明していた記憶しかないのです。

矛盾していますよね?

私は一生懸命話していて、
彼女はシカトしたと言っている。

その理由は『男女の考え方の違い』でした。

男は論理的に考える

なぜ私は一生懸命自分のことを
説明していたのでしょうか。

それは彼女が質問したからです。

彼女は「どうしてそういうことするの?」
といつも私にききました。

だから私は”そういうことをする理由”を
説明していた
のです。

例えば「仕事が大変なんだ。
だから家の仕事が手伝えないんだ」

というように。

「私はこういうふうに考えている」と
何度も何度も説明しました。

普通に考えれば、質問されて答えるという
しごくまっとうなやりとりです。

しかしまったく上手くいきませんでした。

真剣に話すほどなぜか悪化していく状況に
苦しくてつらくて
どうしてわかってくれないんだと
気持ちがズシンと重くなった
のを覚えています。

女性が求める答え

上手くいかなかった理由は、
男の私が「女性が求める答え」
まったくわかっていなかったから
でした。

だから問題が解決するどころか
どんどん悪化していったのです。

1番のポイントは、彼女は
表向きは質問していますが、
実際は質問の答えが欲しいわけではなかったのです。

彼女の「どうしてそういうことするの?」
という質問の意味は

『私の気持ちに気づいて』

という意味だったのです。

だから、私がなぜそういう行動をとったか
いくら説明しても
それは言い訳にしかきこえなかったのです。

彼女にとってどうでもいいことです。

知りたいのは答えではないのですから。

むしろ質問に答えれば答えるほど
状況は悪化していきました。

彼女が求めていたのは質問の答えではなく

「今、自分がすごくつらい思いをしているから
ちゃんと私を見て、私の気持ちを理解して」

ということでした。

スポットライトを彼女に当てなければ
ならなかったのです。

なのにバカな私は、自分のことばかり話し、
自分にばっかりスポットライトを当て、
彼女の本当の想いに気づけないでいたのです。

なぜシカトしたのか

理由は「自分を認めてほしいから」

それだけだと後でわかりました。

自分がつらい思いをしていることを
知ってほしい。

ただそれだけだったんです。

彼女だけじゃなくて、私自身も
同じ気持ちだったのです。

お店でギャーギャー文句を言うオヤジが
たまにいますよね?

誰からもわかってもらえなくて
それでもわかってほしくて

そういう態度をとってしまっていたんです。

自分のことを見てほしいから
一生懸命自分のことを話していたんです。

2人とも自分を見てほしかった

大事なことは、2人とも
「自分の気持ちをわかってほしいと
思っていた」
ということです。

自分だけでなく、相手もまた
自分を認めてほしいと思っていました。

そんな簡単なことに
当時の私は気づけなかったのです。

だから私がいくら自分のことを話しても
彼女にとってはシカトされているのと
同じだったのです。

彼女の気持ちをきいて、
共感することをしていなかったのですから。

どうすればよかったのか

ごちゃごちゃ言い訳せずに

「そういう気持ちだったんだね。
つらい思いをさせたね。
すごく大変だったね。ごめんね」

と言って抱きしめてあげれば
よかった
のです。

『共感し、本当に相手が求めていることを返す』

思っているだけでは伝わらないこともあります。

誰もが自分の気持ちをわかってほしいと
思っています。

愛されたいと思っています。

だからこそ

まずは自分が「相手を大切に思っていることを
相手がわかるように言葉や行動で示す」
必要があります。

文句はつらいという意思表示

身のまわりで文句を言っている人は、
今、その人が「つらい思いをしている」という
意思表示
です。

気持ちをわかってほしいだけなんです。

満たされていないだけなんです。

そんなつらい思いをしている人に
「間違っているのはあなただ」と言ったら
余計関係がこじれるのは当たり前です。

でもできないんです人間は。

相手の気持ちを理解する前に
自分の考えを話したくなるからです。

気づいたら言い訳ばかりし
あきれられている
のです。

まずは共感

相手の気持ちを理解することは
相手が自分の話をきいてくれる事前準備

でもあります。

まずは相手の気持ちをわかってあげることが
第一です。

それができて初めて相手は
自分の話をきいてくれます。

私は離婚という経験を経て、

『誰もが自分を認めてほしいと思っている』

と気づきました。

だから自分の気持ちを理解してもらう前に
相手の気持ちを理解しよう

そう考えるようにしています。

それ以来、人間関係でもめることはなく、
誰からも愛されるようになりました。

まとめ

・女性の質問の本当の意味は「自分を見てほしい」
・まず相手の話に共感し、気持ちがわかっていることを示す

あなたの人間関係がより豊かになるよう
願っています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー