困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

国勢調査 面倒くさい|人を動かす秘訣

国勢調査がポストに入っていた。

正直、面倒くさい。

今日のポイント

・人を動かす秘訣を知る

見てイラっとした

なぜかというと
強制的にやらされている感がしたからだ。

”義務”

そして

”罰則”

という言葉。

多くの人は義務と罰則に弱い。

だから回答するだろう。

だけど自分からやりたいと思えないから
嫌々答えることになるのではないか。

あなたも人から何かをやらされるのは
好きではないのでは?

インターネットでの回答

これはグッド。

調査員に会うのも嫌だし、
何よりムダに税金を使わないでほしい。

調査員の人も大変だろう。

アポなして訪れれば
警戒し、拒絶する人も多い。

「この忙しいときに…」となるものだ。

書く手間も考えれば
インターネットで回答は非常に良い。

もしかしたらネットじゃなかったら
回答していなかった
かもしれない。

ただ質問に関しては
お金をかけてやるだけの価値が本当にあるのか
わからなかった。

メリットが伝わってこない

『日本の未来のため』とあるが

この言葉で心が動かされる人
どれくらいいるだろうか?

日本の未来より

・自分のこと

・家族や大切な人のこと

・仕事やお金、健康のこと

こっちの方が大事じゃないか?

「日本のために」と言われて動く人は
非常に限られる気がした。

もうちょっと若者にも響くようなこと
書いて欲しい。

ある程度の大人なら義務と言えば
嫌々でもやるだろう。

むしろそうじゃない人に向けて
メッセージが必要ではないだろうか。

まずやる気が出るように

人は自分がやりたいと思うことしか
積極的にやらない。

やりたくないことを無理にやらせても
良い結果はのぞめない。

義務でしばるだけでなく、
やる気にさせることが大事。

『人を動かすにはまずやる気』

どんな明るい未来があるのか
具体的に伝えることで人の心は動く。

残念ながら国勢調査は
やる気に火はつかなかった。

まとめ

人を動かすには

・やらされている感をなくし
 やりたいと思わせてから本題を伝える

誰かに何かをしてもらいたいなら

まず『やる気が出る話』を
最初にするとよい。

例えばメリットや得られるものを伝えるなど。

やりたいと思えば話もきくし、
感情が動けば、行動してくれるのだから。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。