困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

迷ったときにとるべき道は?

まれがつまらないんですね。

次回の朝ドラを切りたくなりました。

NHKに打ち切りはないから
半年間は続くわけです。

何でつまらないのかなぁと考えたら

『王道から外れているから』

だと思いました。

あまちゃんとマッサンを混ぜて
中途半端になったような感じです。

今日のポイント

・迷ったときにとるべき道を知り、
 振り回されない生き方ができる

共感するストーリーとは?

物語にはテンプレートがあります。

「神話の法則」にあるように
感動するストーリーには

『王道パターン』

があるわけです。

※参考「映画の主人公のように大活躍する方法」

王道パターンとは?

・主人公が夢に向かって
 困難を乗り越えながら進んでいく

そんな姿に視聴者は自分を重ねあわせ
感動します。

しかし、まれは

夢に向かっているけど
演出が中途半端
なんですね。

一途じゃないんです。

パティシエになりたいなら
そこに全力で取り組んでいる様子を
しっかり見せてほしい。

夢を叶えるにも

”地道にコツコツ”しかないはずなんです。

フミの
「地道にコツコツ頑張る夢もあるげぞ」
という言葉通り。

「世界一のパティシエ」
目指しているわけですから
努力はしているでしょう。

でもその努力が見えないんですね。

いつの間にかに上達している。

チート主人公すぎなんです。

職人なめとるんかい。

脚本が地道にコツコツじゃない

あまちゃんのようにウケを
狙っているのでしょう。

が逆効果で、コツコツ滑っています。

マッサンは夢を追いかけても
一途
でしたよね。

だから感動しました。

父親のように一発逆転のような
夢の追いかけ方を
ドラマの脚本でしなくてもいいと思うわけです。

もっと王道で。

もっとテンプレでいいんです。

・1つ1つのエピソードに真剣さを

・もっと職業へのリスペクトを

・チープじゃない現実感を

あまちゃんをすっぱり忘れて
地道にコツコツやってほしかったですね。

余計な演出はいらん。

昼じゃなくて朝ドラですから。

そんな朝ドラから学べる教訓があります。

王道こそ本質

例えば「夢」「家族」の大切さを伝えるなら

伝え方は王道でないといけないわけです。

チート主人公には共感できません。

真面目に努力する姿に
もっと比重をおいてほしかったですね。

迷ったときは?

まわりに流されそうになったときは

『1番大変なことをやる』

誰かの真似をして
成功しようとしてもダメ
なのです。

常に基本にかえります。

小手先でなく王道を行くこと。

1番大変な道こそが
最短で成功できる道
です。

地道にコツコツが本当に大事です。

まとめ

まわりに振り回されないために

・王道が基本

何をやっても最後は基本に戻ってきます。

王道こそ本質です。

・迷ったときは1番大変な道を行く

楽な道ほど遠まわりです。

まれにいろいろ言いつつ
実は全部自分に言っています。

すぐにフラフラしちゃうからね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。