困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

なぜ教材どおりにやっても結果が出ないのか?

「教材どおりにやっているのに
ぜんぜん結果が出ない」

よくあります。

がっかりを通り越して
「大金払ったのに!!」
と怒りがこみ上げてくることも。

なぜ手順どおりにやっているのに
結果が出ないのか?

ヒントは長嶋監督にありました。

今日のポイント

・手順どおりにやって
 上手くいかない理由と解決策を知る

なぜ上手くいったのか?

失敗したとき

「なぜ失敗したのか?」
考えますよね。

でも意外と上手くいったとき

「なぜ上手くいったのか」
説明できないことがあります。

理解の4段階

物事をマスターする段階があります。

1.何がわからないのかわからない段階

2.何がわからないのかわかる段階

3.わからないことができるが説明できない段階

4.完全にわかり、説明もできる段階

例えば

アフィリエイトなら

1.ブログで稼げない理由がわからない

2.ブログで稼げないのはアクセスが
  集められないからだとわかる

3.アクセスが集められているけど
  なぜ上手くいっているのか説明できない

4.アクセスを集めるには
  SEOとコピーライティングのスキルが
  重要だと説明できる

こういう感じです。

教材を実践しても上手くいかないのは?

教材を実践しても
なかなか上手くいかないことがあります。

それは教材の説明が3の段階で
止まっているから
です。

私たちが悪いんじゃなくて
マニュアルの説明不足が原因です。

実は彼らは、なぜ上手くいったのかを
説明できないことがあるのです。

例えば

・手順通りにやっても上手くいかないのは
 土台となるスキルがないからなのに
 教材では説明されていない

・FXで結果が出ないのはツールまかせにしていて
 裁量判断ができていないからなのに
 教材はツールを使えば大丈夫と言っている

・いろいろな要素がからみ合って
 結果に結びついているので
 教材の内容が抽象化されている

このように、マニュアル自体が
不十分
なんですね。

感覚的すぎる説明

特に成功者が感覚的に
身につけているスキル
が問題となります。

言葉にされていない部分があるからです。

簡単に言えば、彼らは自分ではできるけど
教えることができない
のです。

長嶋監督の
「そこをグゥーッと構えて腰をガッとする」
みたいな(笑)

笑ってしまいますよね。

でもそれが教材の現実なんですね。

そして意外と人のことは言えなくて
普段の生活でも言葉にできないこと
たくさんあります。

例えば

「この絵は素晴らしい!」

と思っても、なぜ素晴らしいのか
説明できない。

「この曲めっちゃいい!!」
と思っても、なぜいいのか
説明できない。

オシャレな服を着ている人を見て
なぜその服がいいのかわからない。

という感じで
説明できないことが多々あります。

私も美術館へ行っても
チンプンカンプンです。

・わかる人にしかわからない

そして

・わかる人であっても
 言葉にできない

そういう領域があります。

言葉にする習慣

私たちは普段無意識で生きています。

いろんなことを自動的に
行っています。

大事なことは

『無意識で行っていることを
いかに論理的に説明できるか』

です。

誰もが言葉にできない部分を
言葉にしてくれる人は尊敬されます。

「うんうん、それがいいたかったんだよ」
と支持されるわけです。

意識的に生きる重要性

普段から無意識でやっていることを
言葉にして考えるクセ
をつけるといいです。

説明が上手になりますし、
教材でも足りない部分がすぐに
わかるようになります。

何より自分のことがよくわかり
コントロールできるようになるので
結果が出しやすくなります。

例えば今この文章を読んでも
「何だかよくわからないなぁ~」と思ったら
なぜよくわからないのか言葉にするなど。

無意識に過ごすほど
わからないまま終わっていきます。

いかに意識的に過ごすかで
人生が変わる
といってもいいでしょう。

「なぜ?」と考えながら
過ごしてみてください。

見える世界が変わります。

具体的なステップ

手順どおりにやって上手くいかないときは

1.なぜできないのか理由を考える

2.足りない知識やスキルを身につけ
  できるように試行錯誤する

3.それでもできないときはわかる人にきく

4.自分自身で上手くいったことは
  できる限りその都度言葉に落とし込む

5.上手くいく手順を書き出し
  オリジナルの手順を作り上げる

サポートが充実した教材を選ぶ

確かにすべての人がわかるように教えたり、
すべての具体例をマニュアル化したりするのは
非常に難しいことではあります。

ですが今は動画があります。

実際にやっているところを、
”著者が何を考えながら実践しているのか”
リアルタイムで解説することはできます。

・わからないことは質問できるか
・追加で動画等、解説はあるか

サポートが充実している教材を選ぶことも
結果を出すためには大事です。

まとめ

・手順通りにやって上手くいかないのは
 手順になっていない部分が存在するため

正直、世の中の教材は不十分すぎだと思います。

それは著者自身も言葉にできていないか、
相手ができると思い込んでいるか
どちらかです。

乗り越えるには、足りない知識やスキルを学びながら
わかる人にもきいて
手順の足りない部分を補完していくこと
が重要です。

まずはなぜ上手くいかないのか
理由を考える
ところから始めてください。

必ず結果が出せるようになります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー