困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

1メートルのタンポポから学ぶ潜在能力を開花させる方法

不思議じゃないですか?

なぜタンポポや雑草が
あんなにかたいアスファルトを
突き破って咲くのか。

今日のポイント

・成功に必須な練習量を知り
 潜在能力を開花させる

とてつもない生命力

実際は突き破ってというより
光を求めて隙間から生えるようです。

またコンクリートは
車や人が通ると劣化するため
芽も出やすいようです。

それでも庭や畑は
ほっとくとすぐに草ぼうぼう
なりますよね。

自然の力は本当に強い。

見えない努力

「タンポポコーヒー」って
飲んだことありますか?

タンポポの根から作るんです。

根っこを掘り起こすわけです。

これがまた大変なんですが、
何センチくらいあると思います?

根っこって
掘っても掘っても届かないくらい
長いんですね。

その長さ50センチ

長いものだと1メートルにもなります。

草むしりをしていても
なかなか抜けない雑草って
ありますよね?

表に出ている部分より
見えない部分の方が圧倒的に長い
んです。

人間も同じです。

天才と呼ばれる人ほど
『努力している時間』が長いです。

見えないところで努力しているわけです。

潜在能力

「直径1メートルのタンポポ」

最初聞いたとき「バカじゃないの?」
と思いました。

いやいや、1メートルって。

その辺にはえているのは
せいぜい30センチぐらいですよね。

でもそれは”その辺”
はえているからなんです。

実は…

「しっかりと肥料を与えて育てると、
1枚50cmもの大きな葉っぱが放射状に広がり、
直径1mもの大きな草花に成長する」

※参考:「田中修さんが語る「雑草」の生命力」より

ものすごい”潜在能力”
秘めているんですね。

人間も同じです。

実際は秘めたパワーを持っているんだけど

・育つ環境

が悪いため、元々持っている力が
発揮できていない
ことがあります。

実はあなたの潜在能力も
高い
んですね。

光を求めて

植物が育つために光は必須ですよね。

光があるから
アスファルトの隙間からでも
成長するわけです。

そして肥料があれば
直径1メートルにも成長できる
能力を秘めています。

つまり

・光(本当に求める目標)

・肥料(成長させる要因)

があれば、どれだけでも
大きくなれるということですね。

成功に必要な時間

スキルをマスターするには
『10000時間の努力』が必要だと言われます。

もちろん分野によって異なるので
すべてにあてはまるわけではありません。

しかし少なくとも何らかの結果を出したいなら
努力は必須ということです。

なぜなら練習せずに成功した人は
いない
からです。

肥料をやらないと
大きくなれませんので。

そして練習して上達しなかった人も
いません。

できれば

”1日3時間”

は経験を積む必要があります。

毎日歯を磨くように
いかに練習時間を毎日の生活に
取り込めるか
が成功の鍵です。

まとめ

・タンポポは肥料を与えれば
 1メートル以上に成長する

潜在能力を秘めているのは人も同じ。

成功に必要な要因とは

・10000時間以上の努力

少なくとも努力なしで
天才になった人はいません。

潜在能力を開花させるために

まずは1日の中で
勉強やスキルアップの時間
作るようにしましょう。

肥料を与えなけれな
小さなタンポポで終わります。

最初は1日5分でも10分でもいいんです。

あなたの才能が大きく花開くときが
必ずきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー