困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

洗脳されず柔軟に物事を解決するには?

テキストファイルを開きました。

ところが文字化けしていて
読めません。

メールでもたまにありますよね。

「正解」「クアオ・」
のようになっていることです。

いつもならすぐに解決できるのに
洗脳された思い込みで
なかなか解決することができませんでした。

今日のポイント

・柔軟に物事を考える思考を身につける

文字化けの原因

一般的な文字化けの原因は

・エンコードの違い
・フォントがない場合
・機種依存文字を使っている場合

このようなときに起きます。

携帯の絵文字もそうですよね?

例えばドコモとソフトバンクで
やり取りしたときなど

車の絵文字を送ったのに
”毛虫”になっていて
誤解が生じたことがあります(笑)

パソコンでよくあるのは「UTF-8」
「Shift_JIS」で読んだときなど。

またWindowsMac
文章をやり取りしたときにも
文字化けすることがあります。

このように文字化けの原因は
ある程度決まっています。

今回の場合

原因はいつも同じなので
今回もそうだろうと思ったわけです。

いつも通りすぐ直るだろうと。

ところがまったく直らないんですね。

ネット上の逆引きもダメです。

「根本的にファイルが壊れているのかな」
と諦めようとしたほどです。

原因は?

答えはすごく単純でした。

テキストが「中国語」で書かれていたのです。

パソコンに入れていたのは
日本語だけです。

だから中国語は文字化けしてしまったんですね。

メールやインターネットなら
中国語も表示されますが
テキストエディターは対応していなかった
のです。

何よりも

『日本語や英語以外で書かれているなど
まったく頭になかったこと』
が原因です。

思い込み

人間って怖いなと思いました。

「原因はこれだ」
と完全に決めつけている
んですね。

それ以外のことは考えられません。

例えば「あなたのお母さんはどんな人ですか?」
ときかれたら

良いところや悪いところを
いくつかあげると思います。

それを他の家族に言えば
「うんうん。そうそう」
納得すると思います。

自然と洗脳されている

でも実際はそう簡単に
人を決めつけることなどできないはずです。

そんな単純な話ではないからです。

例えばある国の外国人が犯罪をおかしたら

「その国の人たちは悪い人」みたいに
日本人は思ってしまいますよね。

テレビで「~人が人を殺して」のように
何度も繰り返し言うから
です。

実際はその国の人が全員悪い人と
いうことはありません。

だけどまわりからの影響で
思い込んでしまうのです。

先ほどの「お母さんはこういう人」
というのと同じです。

また大勢が噂をしていれば
「上司はこういう人」
決めつけてしまうこともあるでしょう。

自然と「洗脳」されているのです。

思い込んでいることに
気づいていないことが1番怖い
ですよね。

可能性を求めるなら

決めつけないことです。

決めつけるとそこで止まってしまい
物事が先に進まなくなります。

行き詰まります。

「これは絶対に~です」
と言いたくなるのですが

世の中に絶対などないですよね。

「その確率が高いけど
そうじゃないかもしれない」

目の前にある問題も
悪いことばかりではないかもしれません。

そうじゃない可能性というのを
柔軟に考えていくことで未来が開けます。

まとめ

柔軟に物事を解決していくには

・そうじゃない可能性を常に考える

「そんな当たり前のことを」
思うと思います。

そう思うこと自体が
決めつけている証拠かもしれません。

自分にもいつも言い聞かせています。

まずは日常生活で決めつけることを
やめるとよいです。

いろいろな可能性を試すことで
驚くような発見があることが多いですから。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー