困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

上手くいかないときは『過去』を見ろ

結果が出せなくて困ったとき。

答えは「過去」にあります。

今日のポイント

・どうすれば上手くいくのかわかる

答えは過去にある

例えば投資では、新しい手法を試すとき
『過去検証』を行います。

・どんなとき上手くいって
 どんなとき上手くいかないのか?

過去の相場を見ることで
結果を出す道筋が見えてくるからです。

仕事でも同じ

例えば今やっていることが
どうしても上手くいかないとき。

過去を振り返って

・上手くいったときはどういうときか?

を見ます。

勝ちパターンがある

上手くいったときは、例えば

・3ヶ月など期間を決めて練習していた
・自分の強みを生かしていた
・人に教えてもらっていた
・失敗した原因をしっかり考えていた
・基礎を勉強した

など

『上手くいく自分のやり方』
あることに気がつきます。

目の前の欲しか見えなくなる

早く結果が出したいと思うほど
間違った道へ進みがちです。

多くの場合

・もっと楽なやり方があるのでは?
・もっとすぐに結果が出せるのでは?
・もっと大きな結果が出せる方法があるのでは?

と欲におぼれ”上手くいかない方法”
やろうとしてしまいます。

別のことがやりたくなる

人間は、ちょっと上手くいくと

・今のやり方は面倒くさい
・同じやり方はつまらない。あきた
・もっと別の方法がやりたい

というように

”上手くいくパターンと別のこと”
をやろうとするのです。

上手くいっていることはやめてはいけない

人間は同じことをずっと続けるのが
苦手
です。

だから違うことをしようとして
失敗する傾向があります。

ですが結果を出し続けるためには
”上手くいったことを続けること”
非常に大事です。

「たとえそれが面倒くさくても」

「時間がかかることであっても」

結果が出ているのであれば
続けるべきなのです。

結果を出すには?

『過去に上手くいったことは
未来でも上手くいく確率が高い』

ということを頭に入れ

・上手くいっていたことを続ける

もしくは

・過去に上手くいったパターンに習って
 新しいことに挑戦する

ことが大事です。

また

・上手くいかないことはすぐにやめる

もしくは

・上手くいかないパターンでやり続けるのはやめる

ということが重要です。

やるべきこと

困ったときは過去を見て

・上手くいくパターンを続ける

・上手くいかないパターンはすぐにやめる

これが結果を出すために大切なことです。

まずは今やっていることが
「過去の結果が出せたときと
同じようにやっているか」
比べてみてください。

どこか実践が甘くなっていたり、
欲におぼれて大事なことを見逃したり
していないか注意してみてください。

まとめ

・結果が出ないときは過去を見て
 上手くいくパターンで行うことが大事

自分の勝ちパターンを知っておくことで
常に結果を出し続ける人になれます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。