困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『君が輝く最高の君へ』

若者向けのファッション誌を
見ていたら

「野外プレイの仕方」

が特集されていました。

「えっ!?野外でするのは
普通のことなの?」

と驚きました。

確かに若い人はできる場所も限られます。

だから選択肢の1つとして
カウントされることもあるかもしれません。

「盛り上がったら止められない」という
こともあるかもしれません。

雑誌も興味をひく内容の方が
売れますしね。

いや、しかし

「価値観の違いってあるんだなぁ」

と思ったわけです。

あなたはどう思うかわかりませんが、
私の中で野外は
普通のことではありません。

上級者向けと感じるからです(笑)

道徳的なことはさておき

「難易度高くね?」と思うわけです。

なぜならどこに行っても
人はいるからです。

以前、人がいないところを探し
ドライブしまくったことがあります。

「どんなに田舎に行こうが、
山の中に行こうが、
人はいる」

という結論に至りました。

公園は人がいつ来るかと思うと
怖くてたまりませんでした。

数メートル先に人が通ったときは
ヒヤヒヤしました。

見られたらアウトです。

山の中でも同じです。

確かに外でするのは
野生の開放感があり
魅力はありました。

でも人はいるんです(笑)

警察に通報されることは
ありませんでした。

「ここなら大丈夫」
誰もいないと思っていた場所に
もう1回行ったとき。

「みだらな行為禁止」
立て看板が立っていたときは
冷や汗が出ました。

山奥ですよ?

自分たち以外でハレンチ行為を
する人はまずいないと
思えるような場所です。

つまり

その看板は

私への警告だと(笑)

だから「野外は
そう簡単におすすめはできない」

と思うわけです。

今はメンタルが強くなり
人に見られてもどうってことはありませんが

自分がどう思うかではなく
やっていいことか悪いことか
ということですからね。

人のことは言えないんだけど
「そんな非道徳的なことを
特集していいの?」
と思うわけです。

10代から20代向けの雑誌の特集です。

あなたはどう思いますか?

その裏にどういう情報操作
あるのでしょうか?

何が言いたいかというと

『思った以上に価値観が左右されている』

ということです。

雑誌に当たり前のように書いてあれば
”普通のこと”と思ってしまうのです。

私も雑誌を見るまでは
「いやいや、ないでしょう」と思っていました。

でも雑誌を見た後は

「若者にとっては思っていたより
身近なものなのかもしれない」

と価値観が書き換わりました。

実際のところ若者が
どう思っているかはわかりません。

単純に売上げを伸ばすためだけかも
しれないですし。

でもそういった記事が許可されていることは
何らかの意図があるのではないでしょうか。

とにかく

「メディアによって作られている価値観パネェ」

と危機感を感じたわけです。

メディアの情報で
簡単に考えが変わってしまう自分がいた

気づいたのです。

正しいかどうかなどわからないのに
正しいと思い込んでしまう自分がいたのです。

力を持った人たちは
簡単に情報弱者の価値観を
書き換えることができます。

常識は洗脳によって作られ
多数決によって支持される

私は思います。

もっと言えば

利益を得たいものが価値観を操作し
操作されていることにも気づいていない一般大衆は
正しいと思い込まされている。

そんなふうに感じるのです。

そうでもないとアイドルやゲームに
何十万、何百万と払わないですよね?

ニュースで自国の不利益になることは
言わないですし。

資本主義なので
当然と言えば当然なのですが。

大事だと思うのは

『他者基準で生きるな!
ゆるぎない自分の基準で生きよう』

ということです。

いろんな考えに流されそうになるんですよ。

だけどそれが正しいとは限らないわけです。

正しさは多数決で決めるものではないです。

自分で決めるものです。

世の中に絶対などないのですから。

ぶっちゃけ自分が100%信じれたら
それでいいと思います。

今の自分の中ではそれは正しいと思えれば。

だけど心のどこかで「何か違うんじゃないか」
少しでも思うなら

それは正しくないんでしょう。

今の自分の中で。

矛盾や葛藤は、中途半端で
信じきれていない自分がいることを
教えてくれます。

価値観はどこまでいっても
まわりから作られたものでしか
ないのかもしれません。

だからこそ

”作られた”

とわかった上で

『あなたが心から信じれる生き方』をしていくことが
大事だと私は思うわけです。

それがあなたの人生を作り出しているのですから。

自分で考えて生きているように見えて

”生きたように考えているだけ”かもしれませんよ。

もし価値観が操作されていると危機感を持ったなら、
1つ1つの出来事をより丁寧に見るとよいです。

そして気になったらその都度調べてみることです。

より正確に物事を把握することで、
自分なりに正しい道を歩んでいくことができます。

あなたが心から信じる道を進むことが
幸せを感じることにつながるのですから。

価値観が操作されているとわかって生きるのと、
気づかないまま生きるのは雲泥の差があります。

あなたは誰の人生を生きていますか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー