困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『君が輝く最高の君へ』

仕送りをする最低な母親

「自分の子供は
どうしても甘やかしてしまう」

子供はどんどん
ダメになっていきました。

今日のポイント

・成功の秘訣『本当の自立』を知る

無自覚依存症

自分で気づいていない依存ほど
怖いものはありません。

それが人生を決めているからです。

依存している本人も

依存させている当事者も

容疑者は母

母は子供に
社会人になっても仕送りをし、
携帯代も払ってあげていました。

その結果どうなったと
思いますか?

子供は困ったら
母親からお金をもらうように
なったのです。

「困ったら親が助けてくれる」

子供は自立を妨げられました。

自分の足で立つことを
できなくさせられたのです。

その結果、子供が
ダメ人間になってしまったのは
悲しいことです。

そして今日も母親は
”子供のために”
仕送りをし続けているのです。

自立させるには?

例えば自転車に乗れるように
なったとき。

お父さんが途中まで
倒れないように支えてくれることは
よくありますよね。

でも子供が気づかないうちに
いつの間にか手を離しています。

その後、こけます。

痛いです。

「何で手を離したの?」

泣きながら言うかもしれません。

だからといって
ずっと支えたままだったら

いつまでも自転車に乗れることは
ないでしょう。

何が子供のためなのか

重要なのは

『依存していると気づいたとき自立できる』

ということです。

子供も
「いつまでも母親に頼っていてはいけない」

そう気づけば、
母親がお金を渡そうとしても
「もういらない」
断ることができるでしょう。

「もう支えなくてもいいよ」
自分で自転車をこぎだすことができます。

自立へのステップ

親は子供が本当に困っているときは
手を差し伸べてあげる必要があります。

子供は本当に困っているときは
支援を受けることで前に進めます。

だけどいつまでも
支援を受け続けることは
人をダメにします。

依存してしまうからです。

依存する前に
自立しなければなりません。

段階をふむ

例えば自分が支援を受ける方なら

1.自立できるまで支援を受ける

2.前に進み始めたら支援を断る

依存していると気づいたら
断る勇気を持たなければなりません。

自立することで
大きく成長できるからです。

成長は成功につながります。

容疑者は自分

「甘い母親と子供の話か」
と思うかもしれません。

でも今一度
考えてほしいのです。

甘やかしている母親は
自分かもしれないと。

”自分で自分を甘やかしては
いないだろうか?”

依存に気づかないことほど
怖いことはありません。

もしかしたら気づいていないだけで
何かに依存しているかもしれません。

”あなたが、あなた自身に
仕送りをし続ける母親にならないように”

まとめ

成功したいなら

・依存する前に自立する

依存だと気づいてからでも
遅くはありません。

気づくことが重要です。

自立することで
あなたは成長し

成功への道を踏み出すことができます。

まずは自分が依存しているものがないか
日常生活を確認してみてください。

自立することで
大きな成功を手にすることができます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー