困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『君が輝く最高の君へ』

まるであなたが大好きな
漫画や小説のように

「あなたの文章が読みたくなる!」

そんなテクニックを紹介します。

今日のポイント

・読みたくなる文章テクニックを知る

バランスの良さ

読みやすい文章とは
『バランスのとれた文章』です。

国語辞典のようにかたすぎると
読む前に嫌になるかもしれません。

かといってお笑いのように
おちゃらけすぎても。

伝えたいことが伝わらないかもしれません。

大事なことは

・論理的な文章
・感情的な文章

両方をバランスよく入れることです。

読みたいと思わせながらも
結論をしっかり伝えることが重要です。

男性は論理的に考え結論を重視します。
答えを述べるのが上手です。

その反面、文章が
説教臭くなる傾向があります。

女性は感情を表現するのが
上手です。

そのかわり結論を述べるのが
苦手な場合があります。

感情が行動を起こす

男性にも女性にも受け入れられるよう
論理と感情をバランスよく入れます。

特に重視したいのは感情面です。

『人間は感情が行動を引き起こします』

ですので今日は”感情的”に書く
テクニックに重点をおき

読みたくなる10の技を紹介します。

10のテクニック

1.セリフを入れる

小説は登場人物のセリフで
物語が進んでいきますよね。

読みながら主人公の気持ちを
考えたり、共感したりします。

説明ばっかりより読みやすくなります。

2.登場人物を出す

面白い小説には
『個性的な人物』がいます。

個性的な人です。

といっても難しくなく、
どんな人でも特徴がありますよね。

その特徴を1つ前面に出すことで
キャラクターが際立ちます。

3.五官を使ったイメージ表現

『見る、聞く、匂い、味、感触』
表現します。

”じゅわ~と肉汁があふれるステーキ”
のように。

想像させることが重要です。

4.感情を出す

男性が苦手な部分です。

『気持ちを言葉にすること』
がポイントです。

「~と感じました」のように。

喜怒哀楽を出します。

5.擬態語、擬音語を使う

シーンを連想しやすくします。

”きらきら”と輝く指輪。
”ガシャン”とガラスが割れた
など。

文頭に持ってくると目をひきます。

6.ストーリーにする

桃太郎やシンデレラ

人は物語が大好きです。

「主人公が努力して強くなって
仲間を作って敵を倒す」

面白い映画や小説には
パターンがあります。

パターンを取り入れることで
読みたくなる文章になります。

7.クリフハンガーを使う

「犯人はこの中にいる」
と言って終わると
続きが気になりますよね?

半沢直樹が出向を命じられて
終わったときなども。

『続きが気になる』と思わせることは
非常に重要です。

文章の面白さとは、お笑い要素よりも
”続きが知りたい”と思うことだからです。

8.たとえ話を入れる

「例えば・・・」のように
具体例をたくさん出します。

読者の経験にマッチすることが
重要です。

「例えば犬を飼っている人は
しつけが大変ですよね?
実は犬のしつけと子供のしつけは
共通した部分があります」

のように。

9.文を短く区切る

とにかく短く。

重要です。

10.箇条書きは3つまで

たくさん書きたくなるんですが、
3つまで。

3つ以上は読まないと思いましょう。

テクニックはまだまだあるのですが
今日はこの辺で。

まとめ

読みやすい文章とは

・論理、感情のバランスのとれた文章

男性は説明文になりがちなので
イメージさせるように気をつける。

女性は結論を伝えるように
気をつけるとよいです。

まずはあなたが読んでもらいたい人は
どういう人なのかイメージしてください。

そしてその人が目の前にいると思って
10のテクニックを使って
伝えてみてくださいね。

あなたの書く文章が
みんな大好きになります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー