困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

1番大切なものをなくした

飼っていた犬が死んだとき。

泣きました。

「もっと遊んであげれば
よかった」

「もっと散歩に連れて行って
あげればよかった」

もっともっと

できたことがたくさんあった。

後悔したときには
もういませんでした。

今日のポイント

・幸せになるための価値基準を知る

失ってわかる

どうして大切なものは
失って初めて気づくんでしょうね。

そこにあるときは

それが当たり前で

大切なものだと
気づかないんですね。

価値基準

もし1番がわかったら

・あなたが何に幸せを感じるのか?

良い感情を感じるものが何か
自分で気づくことができます。

そうすれば

・普段、生きる上で何を大切に
 すればよいのか?

価値基準がわかります。

大切にするものがわかれば

普段の生活において
大切なものの優先順位を
高くできます。

失敗を少なくし
後悔のない、充実した
毎日を送ることができます。

何が大事なのか
自分で気づくことが重要です。

『1番大切なものを1番大切にする』

そんな当たり前ができるように。

幸せになる道です。

具体的なステップ

幸せの基準を知るために

1.これまでに1番幸せを感じた
  5つの出来事をあげる

2.5つの中で自分の人生に
  絶対に必要なもの3つにしぼる

3.3つがあなたの人生において
  生きる目的となると気づく

4.3つの中から1番を選ぶ

5.何をするにしても選んだ1つを
  基準にして物事を決めるようにする

例(私の場合)

1.幸せな出来事

・結婚してカレーを作ってもらったとき
・自分の曲をバンドで演奏したとき
・数百人に話をし感動してくれたとき
・車をいじっているとき
・父親に遊びに連れて行ってもらったとき

2.人生に必要なもの

・結婚して手料理
・曲の演奏
・人から感動されたとき

3.生きる目的

・結婚して手料理 ⇒ 家族
・曲の演奏 ⇒ 音楽
・人から感動 ⇒ 教育

4.1番大切なもの

家族

5.価値基準

家族が幸せになることを
1番に考える

まとめ

幸せな人生を送るために

・1番大切なものを1番大切にする

あなたがもっとも大切なものを知り
何かをするときの価値基準にしてください。

あなたの大切なものは
もうあなたの側にあるかもしれません。

大事にしてください。

失う前に。

後悔しないように。

あなたの1番は何ですか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。