困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

東大出身の天才
一緒に働いたとき。

その人の机の上は
驚きであふれていました。

今日のポイント

・1番効率よく結果を出すポイントを知る

天才の机

パッと見てすぐにわかります。

他の人とまったく違うんですね。

天才の机は

『ものが1つもない』

正確には「一輪の花」のみ。

嘘だろと思いました。

他の人の机は
ごちゃごちゃと
書類や仕事関係のもので
あふれていますからね。

あなたの机の上はどうですか?

どうやって仕事をしているのか?

「机の上に何もなかったら
仕事ができないじゃないか」

そう思いますよね。

東大の天才は、
カバンからパソコンを取り出し
机の上に置きます。

必要な書類やファイルは
引き出しの中です。

しかも最小限

つまり”本当に必要なものしかない”
というわけです。

自分の机を見渡せば

明らかに使っていないものだらけ。

いつか使うと思っている文房具や
いつか読むと置いてある本。

”いつか必要”と思って
まったく使っていないものばかりです。

1ヶ月以上さわっていない
ものまであります。

つまり

・本当に必要なものに
 フォーカスできていない

ということです。

人生でも同じ

机だけではありません。

日常生活すべてにおいて同じ。

仕事でも人間関係でも。

だらだらと良くない仕事や
人付き合いを続けてしまうことは
よくあります。

パソコンのデータも同じです。

いらない写真や動画がどんどんたまって
容量を圧迫しています。

本当に必要なものは
ごく一部だけ
です。

例えば会社でも。

結果を出しているのはトップ十数人だけ
残りが足をひっぱっていることは
よくあります。

解決策

どうすれば必要なものだけに集中し、
結果が出せ、成功できるのか。

答えは

『80対20の法則』

を意識することです。

大事なポイント

たくさんのことをこなす中で

・結果につながる2割だけ残す

ことが重要です。

物も同じですね。

たくさんのものにあふれていますが、
必要な2割だけを残すこと
です。

1年間使っていないものは
処分してもいいです。

まとめ

効率よく成果をあげるには

・本当に必要な2割に集中する

まずは8割を捨てるか
整理するとよいです。

結果につながる2割を
意識してください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー