困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

よいものは真似する。

ビジネスの基本です。

今日のポイント

・売れる広告、目をひくキャッチの
 作り方を知る

基本は真似

コピーライティングの基本は
コピー。

コピー機でウィーンと
コピーすれば
同じものを何枚でも
作れますよね?

『売れているものを再現すること』

これが売れる秘訣です。

真似る3ステップ

売れる広告や文章を作るための
手順を解説します。

1.とにかくストック

気になるものがあったら
ストックしておきます。

例えば
・携帯で写真でとっておく
・キャプチャーソフトで画像にしておく
・サイトを丸ごと取り込んでおく

など。

いつでも参考にできるように
手元においておくことが大切です。

※参考

私が使っているサイトを丸ごと保存する
フリーソフトです。

HTTrack
http://www.httrack.com/

ホームページのアドレスを入れるだけで
簡単に保存できます。

2.ひかれた理由を考える

『なぜ良いのかを考えること』

例えば

・なぜ目をひいたのか?
・なぜ売れているのか?
・なぜ買おうと思ったのか?

理由を考えることが大切です。

例えば本屋で

なぜか目につく本
あると思います。

何千冊とある中で
目にとまるということは
”何か”理由があるということです。

例えば裏技という言葉が
目にとまったとか、
表紙の色が目立っていたなど。

理由を真似することが重要です。

3.構成を真似る

良いと思ったものは
どんどん真似します。

例えばランディングページ。

1.キャッチコピー
2.メリット
3.登録フォーム

構成が真似できます。

さらに細かい部分

・文字の大きさや色などの装飾
・興味をひく言葉
・メリットの書き方

など

「ここにこういう動画があるといいな」とか
「この単語はグッとくる」など、
使っている言葉を学びます。

良い広告とは?

例えば新聞やチラシでは
同じような構成や
言葉遣いをしています。

何回も見る広告
ありますよね?

それだけ売れているということです。

売れているから広告費に
お金がかけられます。

インターネットの広告も同じです。

ヤフーやグーグルで検索したとき。

同じ広告が何度も出ていたら。

売れている広告です。

なぜ良いのか考え
参考にするとよいです。

本質を真似ぶ

一字一句全部真似しては
いけません。

当たり前ですが著作権違反となります。

アイデアを真似するのではなく
”目をひく理由”を真似します。

『なぜ』をしっかり考えて
本質を真似することが重要です。

見ただけでわかる

できればコピーライティングや
関係する専門的なことを
その都度学びながら真似るとよいです。

なぜ目をひいたのかが
論理的にわかるようになります。

パッと見ただけで
目をひいた理由がわかるようになるので
自分でも良いものが作れるようになります。

まとめ

売れる広告を作るには

・目をひいたものはストックしておく
・なぜ目をひいたのか考える
・構成を真似する

1から作るよりも
真似した方が簡単ですし
良いものが作れます。

相手をリスペクトし
ちゃんと勉強しながら
良いものを真似していくこと。

それが1番の成功への近道です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー